re:Invent 2013特集☆新サービス速報!!!

Pocket

本日のkeynoteで新しいサービスが3つ発表されました!!!
とてもエキサイティングな機能ばかりでしたので、概要を紹介します。

AWS CloudTrail
※今日から使えます!

多くのユーザーが待っていた、APIコールのログを保存する機能です。
これにより、プログラムから呼び出されるAPIに対するコールの記録をアプリケーション側からだけでなくAWS側で記録する事が出来る様になります。
問題が起きた時の切り分けや、どのユーザーがどんなアクションをしたかといったセキュリティ面での管理棟を行う事が出来ます。

また、Sumo Logic, Splunk, Cognizandなど様々なツールとも連携が出来るようです。
現在はUS(Varginia, Oregon)のみで利用できるようですが、東京に来るのが楽しみですね。

AWS WorkSpaces
仮想デスクトップ環境サービスです。(VDI, DaaS)

1台1台の端末に情報を残す事無く、IT管理者が安全に社内のデスクトップ環境を管理する事が出来る様になります。
また、利用者から見ても、社内からだけでなく外出先でも、iPhoneやAndroidで利用する事が可能となり、様々な環境で安全に可用性高く使う事が出来ます。

数多くの仮想デスクトップ製品がありますが、自社で管理する場合には大きなインフラが必要となり、サービスで借りるにも非常に高額であったために一部の企業でのみ利用されておりましたが、$35〜利用する事ができ、+$15でMicrosoft Office, TrendMicroセキュリティソフトまで利用できる非常に魅力的なサービスです。

まだ一部のトライアルユーザーでのみ利用できるようなので、詳細は徐々にリリースされると思われます。
Redshift以上にエンタープライズの利用が予想されますね。

Amazon AppStream
高画質の画像を使ったアプリケーションを作るためのストリーミングサービスです。

PC、iPhone、Androidといった端末にあわせた最適化やアプリケーション内のリッチなグラフィックをGPU上で高速処理を行ってくれます。
開発者は各端末にあわせたアプリケーションを作るだけで、様々な環境に合わせたリッチなアプリケーションを配信する事が出来ますし、ユーザーのアクションに反応する事が出来るため、複雑なアプリケーションを作る事も可能です。

limited previewでリリースしているので、興味あるユーザーは申し込む事で先行的に利用する事が出来ます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓