RDS編~PostgreSQL~


こんにちは!Narimasaです!

今回はRDSでPostgreSQLを立ち上げてみます。

RDSの起動

1. Security Groupの作成
まずはDB Security Groupを作成します。
RDSのコンソール画面からは開けないのでVPCのコンソール画面から「Security Groups」を開きます。
VPC Console]

項目を任意に入力し、作成します。
VPC Security Group

作成したSecurity Groupのinboundを開き、PostgreSQLのデフォルトポート番号である5432を開放します。
inbound rules

2. Parameter Groupの作成
次にParameter Groupを作成します。RDSのコンソール画面から「Parameter Groups」を開きます。
DS Console

利用するDBエンジンのバージョンを選択し、任意の名前・説明をつけます。
DB Parameter Group

3.DBインスタンスの立ち上げ
いよいよDBインスタンスを立ち上げます。
左メニューから「Instances」を選択し、「Launch DB Instance」をクリックします。
Launch DB Instance

今回はPostgreSQLを選択します。
Engine PostgreSQL

multi-AZやプロビジョンドIOPSを使う場合は「Yes」を、使わない場合は「No」を選択し、Next Stepをクリックします。
Plan to use database

インスタンスの設定をしていきます。
必要に応じてバージョン、インスタンスサイズ、ストレージ容量などを設定します。
DB Instance Details
 
先ほど設定したParameter Groupなどを設定します。
Additional Config

自動バックアップの設定や臨時メンテナンス時間の指定を行います。
※UTC時間での指定ですのでご注意ください。(日本時間はUTC+9)
Management Options

設定内容を確認して、「Launch DB Instance」をクリックします。
DB Instance Review

「Close」をクリックします。
Instance Launch

これでDBインスタンスの立ち上げが完了しました。

DBインスタンスへの接続

DBインスタンスへの接続をするには2つの方法があります。
(1)「pgAdmin」を使う。
…pgAdminはオープンソースのPostgreSQL用管理・開発ツールです。
 ツールをダウンロードして利用します。
(2)「pspl」を使う。
  …psqlはPostgreSQLの機能の一部として提供されている管理・開発ツールです。
   PostgreSQLそのものかpsqlクライアントをインストールする必要があります。

今回は(1)の「pgAdmin」をダウンロードして接続します。
 …こちらからダウンロードできます。 http://www.pgadmin.org/.

1.pgAdminの設定
ダウンロードしたpgAdminを開き、ファイルメニューから「サーバの追加」をクリックします。
pgAdmin

DBインスタンスの設定時に入力した名前・ホスト名・開放しているポート・ユーザー名・パスワードを入力します。
pgAdmin server Registration

入力が完了するとサーバグループに追加されます。
作成したDBインスタンスを選択し、プラグインアイコンから「PSQL Console」をクリックします。
pgAdmin connect

以下のようなコマンドライン画面が開ければ接続が確認できます。
pgAdmin PSQL Console

いかがでしたでしょうか?
以上の方法でPostgreSQLもRDSとしてAWSシステムに組み込むことができます。

次回は「Amazon CloudFront編~EC2からコンテンツを配信してみよう~」と題して、EC2からCloudFroutへ動的コンテンツを配信する方法についてお話したいと思います。
お楽しみに!!!