Amazon WorkSpaces編~ベンチマークしてみた~


こんにちは、中の人です。

今回は新サービスAmazon WorkSpacesの各インスタンスに対してベンチマークを行ってみました。

CPU メモリ HDD
スタンダード 1 vCPU 3.75 GB 50 GB
パフォーマンス 2 vCPU 7.5GB 100 GB
自分のマシン Intel(R) Core(TM) i5-2450M CPU@ 2.50GHz 8 GB 500 GB

で比較を行いました。※プラスの有無はほぼ変わらなかったので割愛しております。
ベンチマークツールはCrystalMark 2004R3(http://crystalmark.info/software/CrystalMark/)を使っております。
また、参考としてWindowを閉じた状態でも確認を行ってみました。

スタンダードの通常の測定結果です。
bench_standard_w.view.png スタンダード

スタンダードのウィンドウを閉じて測定しました。
bench_standard_wo.view.png スタンダード

※ ウィンドウを閉じるとD2Dに失敗します。手動で続けたため測定結果が黒文字になっています。(正しく行うと青文字)

Windowを閉じて行うとGDIの数値が格段に上がることが確認できます。
WorkSpacesの描画に多くのリソースを使っていることがわかります。

パフォーマンスの通常の測定結果です。
bench_performance_w.view.png パフォーマンス

パフォーマンスのウィンドウを閉じて測定しました。
bench_performance_wo.view.png パフォーマンス
※ スタンダードと同様にD2Dに失敗します。

参考までに自分のWindowsマシンでも測定しました。
bench_mypc.png windows

Mark ALU FPU MEM HDD GDI D2D OGL
スタンダード 64711 8205 6425 13087 12020 9202 14339 1443
スタンダード(windowなし) 136966 8377 6609 13523 11623 85943 10360 531
パフォーマンス 137450 23031 21943 27701 12947 16004 33336 2488
パフォーマンス(windowなし) 287733 23186 22322 28228 12096 170414 29898 1589
自分のマシン 146026 41100 41555 41315 8556 9127 1799 2574

自分の環境を移行したり、スペック選定する上での参考にしてください。

次回をお楽しみに!