Amazon WorkSpaces編~プリンターの追加:プリントサーバ~

Pocket

こんにちは!中の人です!
前回に続いてWorkSpacesをVPC接続し、社内のプリンターを利用する方法を紹介します。今回はプリントサーバを利用してプリントする方法を紹介します。

※WorkSpaces環境と社内はVPCで接続している前提となります。

プリントサーバとなるサーバにCUPS (Common Unix Printing System)のインストール

[本ステップはプリントサーバとなるサーバにSSH接続して行います。]
https://[プリントサーバのIP]:631/

1. CUPSをインストールします。(今回はバージョン1.3)

2. cupsd.confを編集します。

3. 必要なプリンタードライバーをインストールします。
※プリンターメーカーのサイト等でlinuxに対するインストール方法をご確認下さい。

例)今回インストールに利用したNEC MultiWriter 5750Cの場合はサイト上にlinux向けドライバーがあり

でインストールすることが可能でした。

OSが64bitの場合、ghostscript is needed by … となることがあるので

で32bit互換のを追加します。

4. cupsを起動させます。

CUPSの管理画面からプリンターの追加を行います。

[本ステップはブラウザからCUPSの管理画面を操作します。]

1. ホーム>「プリンタの追加」をクリック
プリンタの追加

2. 新しいプリンタの追加画面で必要項目を入力し、「続ける」をクリックします。
“名前”がWindows上で表示されるプリンター名となります。
新しいプリンタの追加

3. デバイスから前ステップでインストールしたプリンターを選択します。
デバイスの選択

4. モデル/ドライバからプリンターを選択します。
モデル/ドライバの選択

5. 無事、追加れましたら、そのままリンクをクリックします。
追加完了

6. 正しくインストールできたかテストページ印刷します。
テストページの印刷

Sambaへのプリントサーバ追加

※sambaのインストールは割愛します。
[本ステップはプリントサーバとなるサーバにSSH接続して行います。]

のglobalに以下の行を追加します。

ここまでで、準備は完了です。

WorkSpacesへプリンターの追加

1. プリントサーバにsamba接続すると、プリンターが表示されていることを確認します。
※ここからはインストール出来ないのでご注意下さい!
プリンターの確認]

2. コントロールパネル>デバイスとプリンターの表示
から「プリンターの追加」をクリックし、“管理者としてローカルプリンターまたはネットワークプリンターを追加する”を選択して「次へ」をクリック。
ネットワークプリンターを追加

3. “ローカルプリンターを追加します”を選択して「次へ」をクリック。
ローカルプリンターを追加

4. “既存のポートを使用”からプリントサーバを選択して「次へ」をクリック。
既存のポートを使用

5. “製造元”“プリンター”からプリンターを選択し「次へ」をクリック。
プリンターの追加

6. そのまま「次へ」をクリックするとインストールの完了です。
プリンター追加完了

7. 「テストページを印刷」して印刷できることを確認します。
また、“プリンターとFAX”にインストールしたプリンターが表示されていることが確認できます。
プリンターとFAX

いかがでしたでしょうか?
プリンター同様プリントサーバを使って、海外(WorkSpaces)から日本(自分のオフィス)にキューを飛ばして印刷することもできます。
どこにいても印刷できてしまうので間違えて誰かが夜間残業しているオフィスに印刷してしまったりしないようにご注意下さい!(びっくりするので)

次回もお楽しみに!!!

※この記事はVPC経由で接続したWorkSpaces上のWordやキャプチャを利用して作成しています。