【小ネタ】Amazon WorkSpacesの複数人利用についてのギモン

Pocket

どうもBogartです!

今回はAmazon WorkSpacesの利用を検討されるお客様からよく伺うこのギモンについて整理したいと思います。

できること

Amazon WorkSpaces では1つのユーザーアカウントに対して1つのAmazon WorkSpaces を割り当て1対1で利用することがライセンスとして決められています。例えば学校や研修などで午前・午後で利用者が別れている場合は1つのユーザーアカウントを使いまわすことはAmazon WorkSpaces上問題ありません。


上記の利用方法を検討する際の疑問点としてWorkSpacesバンドルに含まれるOSおよびOfficeライセンス違反を懸念されるかと思いますが、これらのライセンスは一つのWorkSpacesに対して一つのライセンスと扱われるためライセンス規約等をお客様で意識する必要はございません。

できないこと

前述の通りAmazon WorkSpaces は1対1での利用が前提となるため同時に複数の利用はできません。同時にアクセスを行った場合はセッションが切れてしまう仕様となっています。


そのため図のようなケースの場合は別途Amazon WorkSpacesを用意する必要があります。


現在、Amazon WorkSpacesは従量課金形態での提供も行われていますので急な利用者の増加に対しても柔軟に対応可能となっております。

まとめ

今回はご利用を検討されるお客様から多く頂くAmazon WorkSpacesの複数人利用に関するご質問に対し図を交えて説明いたしました。同時利用以外でユーザーアカウントを利用される場合は問題なく利用可能ですので、期間限定の講座を開催される際の受講者PCでの利用など、セキュアなデスクトップPC環境を短期間だけ用意したい場合に是非ご検討ください!

いかがでしたでしょうか。
次回もお楽しみに!