Introduction to AWS CodeCommit 和訳してみた

Pocket

はじめに

AWS Training and Certification にて紹介されている AWS CodeCommit についての動画を和訳してみました。
このコンテンツへのアクセス方法については、こちらに記載しております。

AWS CodeCommit について

AWS CodeCommit は以下の様な特徴があります
非常にスケーラブルでセキュアなソース管理サービス
Git リポジトリを作成してソースコードの管理や保存が可能
様々な AWS サービスと結合することが可能

Hands On

事前準備

リポジトリ作成前に、以下の2点の準備をしておきましょう。
・IAM アカウントの用意
・Git クライアントの用意
IAM ユーザは先に作成しておきましょう。IAM ユーザではなく、root アカウントでログインした状態でリポジトリの作成を行うと、画面に警告が出ます。リポジトリを作成する際は、IAM ユーザでログインしてから作成しましょう。
Git クライアントを使う場合は、事前にダウンロードしておく必要があります。こちらも先に用意しておきましょう。

IAMユーザの作成

AWS のコンソール画面から、IAM ユーザを作成します。
作成するIAM ユーザが CodeCommit を利用できるよう、アクセス許可の付与設定で、「既存のポリシーから直接アタッチ」を選択し、「AWSCodeCommitFullAccess」というポリシーをアタッチさせておきましょう。


これで、IAM ユーザの作成は完了です。

リポジトリの作成

次は、リポジトリを作成します。リポジトリとは、CodeCommit の基本的なバージョン管理オブジェクトのことです。リポジトリを用意することで、プロジェクトごとにコードやファイルの保存、管理をすることができます。また、リポジトリは他のユーザと共有することも可能です。
先程作成した IAM ユーザから AWS アカウントにログインし直して、リポジトリの作成を開始しましょう。

AWS にログインしたら、コンソール画面より「 CodeCommit 」と入力します。

CodeCommit の画面に移動したら、リポジトリの作成を開始します。
画面右上の「リポジトリの作成」を選択します。

以下の内容を入力したら、右下の「作成」をクリック。これで、リポジトリの作成は完了です。
・リポジトリ名(名前は任意)
・作成・オプショナル(内容は任意)

その他の機能

Code

上記で作成したリポジトリに、コードをファイル毎に保存することができます。
プロジェクトごとに個々にファイルを作成して、コードを保管することも可能です。コードファイルは「作成」か「アップロード」の2択を選ぶことができます。

Commit

Commit は、コードに対する内容を更新情報ごとに保存することができるサービスです。

以下の情報が記録されるので、コードに変更があった際には直ぐに確認することが可能です。
・メッセージのコミット(つまり変更内容)
・コミット日(更新が行われた日)
・作成者

Commit Visualizer

こちらは、commit で更新された情報を視覚化したものです。「コミットビジュアライザー」を選択することで利用できます。

最新バージョンのコードが1番上に表示されており、変更内容と日時を視覚的に把握することができます。そのため、確認したいタイミングのファイルコードや、どこで変更が行われたのか等もひと目で分かるようになっております。

おわりに

AWS CodeCommit の紹介は以上となります。本サービスを利用することでプロジェクトごとに、コードファイルを分けて管理したり、コードファイルの変更内容を直ぐに確認したりできます。
複数のプロジェクトを並行して行う際の管理ツールとして非常に便利なサービスなので、ぜひ、利用してみて下さい。