Introduction to AWS CodeBuild 和訳してみた

Pocket

はじめに

AWS Training and Certification にて紹介されている AWS Codebuild についての動画を和訳してみました。
このコンテンツへのアクセス方法については、こちらに記載しております。

Introduction to AWS CodeBuild

About AWS CodeBuild

それでは、AWS CodeBuild について紹介していきます。

AWS CodeBuild はフルマネージド型のビルドサービスです。サーバもソフトウェアも必要ありません。AWS CodeBuild はコードのコンパイル、テスト、パッケージングを行うビルドスクリプトを実行することができます。
AWS CodeBuild は、以下の特徴があります。

・フルマネージド型
・スケーリングが可能
・拡大が可能
・セキュアな環境
・継続的な統合とデリバリーが可能
・従量課金

How Does It Work?

AWS CodeBuild の仕組みについて紹介します。

AWS CodeBuild はユーザが環境を決め、そして構築を開始する必要があります。ユーザは、ビルド環境毎に実行するコマンドを選択したり、コンピュータタイプを選択したりする必要があります。AWS Code Build は継続的なスケーリングや、複数の構築を同時に行うことが可能です。
・ビルド環境を選択、あるいはユーザのビルド環境を準備する
-Java、Python、Node、Android、Docker などから選択
-ビルドの構成として自分のイメージを用意して作成
・ユーザ側で設定する項目
-コードのロケーション
-ビルド環境
-ビルドコマンド

Use Cases


AWS Code Build は複数のテストを同時に行ったり、ビルド環境をカスタマイズしたりする場合には、とても役立つサービスです。また、それ以外のユースケースとしては、以下の内容が考えられます。
・準プロビジョンド環境を用意したい
・ユーザ自身のプロビジョン環境を用意したい
・並列で複数のテストを実行したい
・複数のビルド環境をまとめて実行したい

AWS CodeBuild の特徴をまとめまると、以下となります
・ソースコードをコンパイル
・テスト環境の実行
・コードのパッケージング化
・ハードウェアのマネージング、継続的なスケーリングが可能

おわりに

AWS CodeBuild についての説明は以上となります。こちらのサービスを利用することで、ユーザにあったオリジナルのビルドツールを作成することができます。複数の開発やテストの実行にも役立つこちらのサービス、ぜひ利用してみて下さい。