【AWS】Well-Architected Frameworkをホワイトペーパーから紐解く ~パフォーマンス効率~

はじめに AWSのアーキテクチャのパフォーマンス効率を上げるためには、どのような点に留意すればよいでしょうか?ホワイトペーパーから抜粋、まとめてみます。 設計原則とベストプラクティス まず、設計の原則と概要です。 次はベストプラクティスと紐づくチェック項目。 最後に各ベストプラクティスの概要です。 候補サービス一覧 この柱のベースとなるサービスは、CloudWatchです。 トレ... 続きを読む

【AWS】Well-Architected Frameworkをホワイトペーパーから紐解く ~信頼性~

はじめに クラウドならではの強みである自動化をうまく活用・管理することで、より信頼性の高いアーキテクチャを設計することができます。 設計原則とベストプラクティス 設計原則と、ベストプラクティスに紐づくチェック項目を見てみましょう。 管理やモニタリングなど、セキュリティの柱と共通する文言が並びます。セキュリティが高い状態でないと、信頼性の高いアーキテクチャは設計できないませんね。ベストプラクテ... 続きを読む

【AWS】Well-Architected Frameworkをホワイトペーパーから紐解く ~セキュリティ~

はじめに クラウドで第一に考えなくてはいけないのが、セキュリティです。インシデントの予防策だけではなく善後策を考慮して設計します。 設計原則とベストプラクティス 設計の原則と、ベストプラクティスに紐づくチェック項目を見てみましょう。 セキュリティ維持のためには、細目にわたって設計する必要がありそうです。 各ベストプラクティスの概要を抜き出してみましょう。 つまり、 ●アクセス元からデー... 続きを読む

【AWS】Well-Architected Frameworkをホワイトペーパーから紐解く ~運用上の優秀性~

はじめに 運用上の優秀性が高い状態、細かいことをざっくり省いて一言でいうと、 システムを継続的に改善できる状態 になろうかと思います。 継続的にというのがキーです。 お客さんの要望を反映する形で、日々便利なサービスが登場しています。これらを積極的にアーキテクチャに反映させることで、より優秀な運用ができるようになります。 設計の原則 ではこの柱の設計原則を見てみましょう。 ベストプラクティ... 続きを読む

AWS CloudFormation Master Class を受けてみた③ 「 CloudFormation Designer でテンプレートの作成 」

はじめに 引き続き、Udemy にて Stephane Maarek 氏 が提供している「 AWS CloudFormation Master Class 」コースについて紹介していきます。今回は、CLoudFormation Desinger の機能とその使い方についてです。 これまでの記事 AWS CloudFormation Master Class を受けてみた① AWS CloudF... 続きを読む

【AWS】Well-Architected Frameworkをホワイトペーパーから紐解く ~導入編~

はじめに Well-Architectedフレームワーク ホワイトペーパー、皆さんご覧になったことはありますでしょうか?AWSのソリューションアーキテクトになるのであれば、一度は目を通しておきましょう、というアレです。 ただ、私にとっては、 ・オンプレでのインフラ構築/運用経験がないので、情報量が多く、オーバーフローぎみ ・フレームワークの重要性は、ウェビナーでも多く触れられてるけど、いまいちそ... 続きを読む

AWS Deep Racer League 参加レポート

はじめに 今回は AWS Summit Tokyo2019 にて開催された AWS Deep Racer League に参加したので、その結果を記録します。 AWS Deep Racer とは 強化学習で作成したモデルによって走る、1/18 スケールの 4WD モンスタートラックです。 3D レーシングオンラインシミュレーター上で強化学習によるモデルを作成し、モデルを Deep Racer... 続きを読む

【AWS】MFA認証にMicrosoft Authenticatorを使う

MFA認証にMicrosoft Authenticator アプリを使用しているOffice 365ユーザーは多いと思います。 AWSでこれを使っている方が少ない印象だったので、手順を残しておきます。 用意する端末 ・PC or MAC ・お手持ちのスマホ 手順 お手持ちのスマホにアプリをインストール AWSにログイン、アカウント名のタブで、マイセキュリティ資格情報をクリック MFAの... 続きを読む

SageMakerの組み込みアルゴリズムで作成し、保存したモデルを再デプロイする方法

はじめに 本稿では、SageMakerで作成し、ローカルに保存したモデル(model.tar.gz)をもう一度デプロイする方法を説明します。 ※今回私がデプロイするのは、犬の顔検出モデルです。 前提 既にSageMakerで作成したモデルをローカルに保存している。 実践 モデルのアップロード ・まず、S3でバケットを作成します。 バケット作成を選択。 ・任意のバケット名を付けて、作成... 続きを読む
1 / 212