Amazon Sagemakerでセキュリティに強い機械学習環境を構築する ③

はじめに 本連載の最終回として、特にセキュリティと運用上の信頼性に留意し、構成を再考、IAM設定を見直すことでセキュリティに強い機械学習環境の作成まで行います。 ゴール 前回、最小権限の原則に触れました。 Notebook上の操作でうっかりローデータを消してしまっては大変なので、推論結果の保存先とローデータの保存先を分けます。それらに紐づける形で、Notebookインスタンス、IAMエンテ... 続きを読む

Amazon Sagemakerでセキュリティに強い機械学習環境を構築する ②

はじめに / 本稿のゴール 強固なセキュリティに守られた機械学習環境を、クラウド上に構築するまでをハンズオンで行う本連載。前回は、第一回として下記を行いました。 Amazon S3バケットを作成 Amazon SageMakerを立ち上げ AWS Trusted Advisor を開く 今回は二回目として、Trusted Advisorで指摘された内容を確認、下記を行います。 セキュリティグルー... 続きを読む

AWS のクラウドサービス活用資料集が更新されたのでまとめてみた

AWSの資料を調べていたら公式の活用資料集のリンクがアップデートされて見やすくなっていたので備忘録的に紹介したいと思います。 AWS クラウドサービス活用資料集 AWSが開催したBlack Belt OnlineSeminarやWebinar、初心者向けの資料から最新のAWSUpdateまで確認できるのがAWS活用資料集です。 トップを開くと下記のような画面に遷移します。 主な掲載内容は ・... 続きを読む

Amazon SageMakerでセキュリティに強い機械学習環境を構築する ①

はじめに 学習データやその分析結果の保存先はもちろん、ワークフローの設計や経路制御まで、一貫して機密性が保持された環境を構築し、情報漏洩のリスクを最小限に抑えること。 ローカル環境でこれを担保しようとすれば、専門知識が必要になるうえ、非常に手間がかかります。かといって、じっくりと分析作業に集中できない、という状況は避けたい。 このジレンマを解決するサービス群が、AWSには用意されています。 本連... 続きを読む

【AWS初心者向け】Well-Architected Frameworkをマインドマップに落とし込んでみた 【AWSソリューションアーキテクト】

初めに AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト 試験。通用SAA。 人気資格なので、学習中の人も多いはず。ただ学習範囲がとても広いので、挫折ぎみ人も多いのではないでしょうか?そんな人に向けて、Well-Architected Frameworkを頭に叩き込んどくと学習効率上がるかも、という話をしようと思います。 Well-Architected Frameworkとは? W-Aフ... 続きを読む
2 / 212