Kinesis編~Kinesisを試してみる①~


こんにちは! JQです。

前回は『ElastiCache編~Redisを試してみる②~』と題して、ElastiCacheで構築したRedisをpythonとphpで試してみました。
今回は『Kinesis編~Kinesisを試してみる①~』と題して、Kinesisを試してみたいと思います。

Amazon Kinesisとは

大規模なストリーミングデータをリアルタイムで処理する事が出来る完全マネージド型サービスになります。
大容量のストリーミングデータを受信し、提供することができる出来ます。
また、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)、Amazon DynamoDB、Amazon Redshift などのさまざまなサービスに容易にデータを送信することもできます。

図

Kinesisの立ち上げ

1.Streamの作成

AWSコンソールからStreamを作成します。
「Create Stream」をクリックします。

Create Stream

2.Stream名とShards数
Stream名とShards数を入力します。
また、「Help me decide how many shards I need」を利用する事で必要なShards数を計算することも出来ます。

Create Stream02

「Create」をクリックすれば作成されます。

3.確認
それでは確認してみましょう!
「Status」が「ACTIVE」になれば完了です。

Status

「Stream Name」をクリックしてMonitoringを確認してみます。

Monitoring

いかがでしたでしょうか?

次回は『Kinesis編~Kinesisを試してみる②~』と題して、BotoからKinesisを試してみたいと思います。
お楽しみに!!!