Introduction to Amazon Elastic File System まとめ

この記事では、AWSのトレーニングサイトにて紹介されている「Introduction to Amazon Elastic File System (EFS) 」を、翻訳しながら紹介していきたいと思います。 コンテンツへのアクセス方法はこちらに記載しています。 はじめに Amazon EFSの主な特徴は3つあります。 ・クラウド上に存在するセキュアでスケーラブルなフルマネージド型ファイル... 続きを読む

Introduction to AWS Management Console まとめ

この記事では、AWSのトレーニングサイトにて紹介されている「Introduction to AWS Management Console」を、翻訳しながら紹介していきたいと思います。 コンテンツへのアクセス方法はこちらに記載しています。 はじめに AWSには様々なサービスがありますが、AWS Management Consoleは、そんな様々なAWSのサービスを利用するユーザが最初に行き着く... 続きを読む

AWS RedshiftのElastic resizeを試してみた

Redshift Elastic resize 従来のリサイズ方法 Classic resize ではクラスター自体の再作成行いノードの増減させる方法でしたが、 Elastic resizeではクラスターにノードを追加する処理となるためノードの変更にかかる時間を大幅に短縮できるようです。 2019/03/20現在、Elastic resizeはインスタンスタイプがdc1ファミリーでは利用できず... 続きを読む

【Introduction to AWS IoT】の和訳してみた

この記事は、AWS サービスの1つであるAWS IoT についての概要が、「AWS Training and Certification」にて公開されているのでこちらを翻訳しながら紹介していきたいと思います。 コンテンツへのアクセス方法はこちらに記載しています。 Introduction to AWS IoT AWS IoTは、AWSとデバイスをセキュアにつなぐことができるマネージド型のプ... 続きを読む

【AWS新アイコン改訂版】まとめてみた

AWSより、新アイコンの改訂が2月7日に行われました。以前のアイコンから仕様がどう変化したのかを、紹介していきたいと思います。 新アイコン・新アイコン改訂版は、ともに、ここからダウンロードできます。 新アイコン改訂版の特徴 2018年10月に、AWS新アイコンが発表されました。しかし2019年2月に改訂版が発表されました。 改訂版アイコンと以前の新アイコンとの違いは主に4点あります。 それぞ... 続きを読む

【Introduction to Amazon QuickSight】の和訳してみた

この記事は、AWS サービスの1つであるAmazon QuickSight についての概要が、「AWS Training and Certification」にて公開されているのでこちらを翻訳しながら紹介していきたいと思います。 コンテンツへのアクセス方法はこちらに記載しています。 Introduction to Amazon QuickSight 今までBIのメリットを享受しようとする場... 続きを読む

【Introduction to AWS FSx for Lustre】の和訳してみた

この記事は、re:Invent2018にて紹介されたサービスの1つであるAWS FSx for Lustre についての概要が、「AWS Training and Certification」にて公開されているのでこちらを翻訳しながら紹介していきたいと思います。 コンテンツへのアクセス方法はこちらに記載しています。 Introduction to AWS FSx for Lustre Am... 続きを読む

AWS Redshift Query editor試してみた

AWS Redshift Query editor AWS RedshiftのQuery editorはコンソール上から作成済みのredshiftに対してクエリを直接実行できるサービスです。 JDBC/ODBCクライアントを利用せずともクエリを実行でき、その場で実行結果を確認、結果をファイルとして取得することが可能です。 また、クエリを保存しておく機能もあり、クエリの再利用が可能です。 20... 続きを読む
1 / 10412345...最後 »