Amazon SES編 ~すぐできるSES個別監視設定~

Pocket

こんにちは、TKです。
今回はSES(Amazon Simple Email Service)の監視設定についてご紹介いたします。

SESの監視設定について

SESの初期状態ではCloudWatchでSESの各種メトリクスを監視することができません。
エラーメール通知とは別に送信エラー数をカウントしない場合、AWSからの警告が送られてから多数の送信エラーに気づくといったことが発生する可能性があります。
沢山のメールアドレスをSESのドメインで管理している場合、原因元を特定するのに時間がかかったりします。
今回はメールアドレス毎にエラーメール件数を監視する方法をご紹介いたします。

SESの設定

まずSESメニューで「Configuration Sets」を選択します。
次に「Create Configuration Set」を選択し、設定名を指定します。

次に、監視の設定を行います。
監視したいメールアドレスの種類(Event Typeのこと?)にチェックを付けます。
Event Typeは以下のようなものがあります。例えば、宛先不明などで返ってくるメールを監視したい場合は、Bounceを設定します。特に、SESではBounceが一定数を超えると、AWSから異常メールの件数について警告が送られ、状態が改善しない場合、SESの停止という影響が出るので、特に注意が必要です。
・Send(送信数)
・Reject(拒絶件数)
・Delivery(正常送信数)
・Bounce(エラー返送数)
・Compliant(コンプライアンス違反数)

「Value Source」に「Email Header」を、「Dimension Name」に「From」を入力します。
「Default value」にはメールユーザ名を入力します。
これでドメイン全体での監視設定が完了します。

次に個別メールアドレス毎のエラーメール件数の監視の方法をご説明いたします。
SESの対象ドメインを選択して「Send Test Mail」を選択します。

テスト送信ページで「Email Format」を「Raw」に
「To」にbounce@simulator.amazonses.com
「Message」に以下の内容を入れます。


上記メールを送信するとCloudWatchに対象アドレスの項目が追加されています。
「すべてのメトリクス」「SES」「FROM」から確認できます。

以上で設定は完了です。

いかがでしたでしょうか。
SESで複数のメールアドレスをドメイン一括管理する場合に設定しておけば、
乗っ取りによるスパム送信等の早期発見に繋がります。
時間がかからないのでぜひSESの監視を行っておきましょう。

次回をお楽しみに!