Amazon Elasticsearch Servecies 概要

Pocket

こんにちは、たいしゅうです。
今回はAmazon Elasticserch Searviceについて、概要を紹介します。
Amazon Elasticserch Searviceは、ログ分析、フルテキスト検索などが実行できるオープンソースのElasticSerchをフルマネージドで簡単にデプロイできるサービスです。
と、その前に、そもそもElasticsearchということで、Elasticsearchについて調べてみました。

Elasticsearchの特徴

Elasticsearchには、以下のような特徴があります。

■全文検索
指定したキーワードに一致、または関連するデータを大量のデータから高速に抽出することができます。例えば、大量の商品リストから特定のキーワードを含む商品だけを検索するような時に利用ができます。

■分散構成
Elasticsearchは、複数のサーバをひとつのクラスタとして構成することができます。
Elasticsearchで扱うデータは、クラスタに所属する各サーバに分散して保存されます。ひとつのデータを複数のサーバに配置することも可能となっており、データ冗長化を行うこともできます。

■スケーラビリティ
システムを停止することなくElasticsearchサーバを追加して、システムを拡張することができます。
導入時は最小構成で始め、データ量やアクセス量が増加してきた時に、規模に合わせてサーバを追加するというようなシステム拡張が可能となっている。サーバを追加した時、Elasticsearchが持っているデータは各サーバに自動的に再配置される。

■高可用性
クラスタを構成するひとつのサーバが停止してしまった時、そのサーバを切り離した状態でサービスを継続することができます。データを複数のサーバに配置する構成にしておけば、データが失われることもなく、完全な冗長化システムを構築することができる。

■Restful API
データ登録やデータ検索は、Elasticsearchが提供するAPIを通して行う。APIはRestful APIの形式となっている。
APIを使用することで、Elasticsearchを使用したデータ登録やデータ検索が、外部システムから容易に利用することができる。

Amazon Elasticserch Searviceの特徴

Elasticserchの機能をAWS上で簡単に利用ができるのはもちろん。それだけではなく、Amazonならではの下記のような特徴があります。

■コンソールまたはAPIで設定可能
コンソール上で数クリックでドメインを作成できます。またAPI呼び出しでもドメインを作成することができます。既存のドメインは変更または削除をいつでも実施できます。

■柔軟なストレージ
EBSボリュームにElasticserchインデックスを保存できます。ストレージボリュームや割り当てるドメインは必要に応じて変更ができます。

■Elasticsearch API
Amazon Elasticsearch ServiceではElasticsearch APIに直接アクセスしてデータのロード、クエリ、分析を実行し、インデックスを管理できます。

■データの耐久性
自動スナップショット及び手動スナップショットのデータは堅牢なAmazon S3に保存をすることができるので、データの耐久性を維持できます。

料金と利用可能なリージョン

利用可能なリージョンは以下になります。
●米国
・バージニア
・オハイオ
・オレゴン
・北カリフォルニア
・カナダ
●欧州
・アイルランド
・ロンドン
・フランクフルト
●アジアパシフィック
・シンガポール
・東京
・シドニー
・ソウル
・ムンバイ
●南米
・サンパウロ
東京リージョンの料金は以下の表にまとめました。
【料金表】

vCPU ECU メモリ(GiB) インスタンスストレージ(GB) 時間あたりの料金
一般的な目的 – 現行世代
t2.micro.elasticsearch 1 可変 1 EBS のみ $0.028 /1 時間
t2.small.elasticsearch 1 可変 2 EBS のみ $0.056 /1 時間
t2.medium.elasticsearch 2 可変 4 EBS のみ $0.112 /1 時間
m3.medium.elasticsearch 1 3 3.75 1 x 4 SSD $0.135 /1 時間
m3.large.elasticsearch 2 6.5 7.5 1 x 32 SSD $0.270 /1 時間
m3.xlarge.elasticsearch 4 13 15 2 x 40 SSD $0.540 /1 時間
m3.2xlarge.elasticsearch 8 26 30 2 x 80 SSD $1.080 /1 時間
m4.large.elasticsearch 2 6.5 8 EBS のみ $0.195 /1 時間
m4.xlarge.elasticsearch 4 13 16 EBS のみ $0.389 /1 時間
m4.2xlarge.elasticsearch 8 26 32 EBS のみ $0.778 /1 時間
m4.4xlarge.elasticsearch 16 53.5 64 EBS のみ $1.558 /1 時間
m4.10xlarge.elasticsearch 40 124.5 160 EBS のみ $3.895 /1 時間
コンピューティング最適化 – 現行世代
c4.large 2 8 3.75 EBS のみ $0.186 /1 時間
c4.xlarge 4 16 7.5 EBS のみ $0.372 /1 時間
c4.2xlarge 8 31 15 EBS のみ $0.743 /1 時間
c4.4xlarge 16 62 30 EBS のみ $1.487 /1 時間
c4.8xlarge 36 132 60 EBS のみ $2.974 /1 時間
メモリの最適化 – 現行世代
r3.large.elasticsearch 2 6.5 15 1 x 32 SSD $0.294 /1 時間
r3.xlarge.elasticsearch 4 13 30.5 1 x 80 SSD $0.588 /1 時間
r3.2xlarge.elasticsearch 8 26 61 1 x 160 SSD $1.176 /1 時間
r3.4xlarge.elasticsearch 16 52 122 1 x 320 SSD $2.352 /1 時間
r3.8xlarge.elasticsearch 32 104 244 2 x 320 SSD $4.704 /1 時間
r4.large.elasticsearch 2 7 15.25 EBS のみ $0.236 /1 時間
r4.xlarge.elasticsearch 4 13.5 30.5 EBS のみ $0.472 /1 時間
r4.2xlarge.elasticsearch 8 27 61 EBS のみ $0.944 /1 時間
r4.4xlarge.elasticsearch 16 53 122 EBS のみ $1.888 /1 時間
r4.8xlarge.elasticsearch 32 99 244 EBS のみ $3.777 /1 時間
r4.16xlarge.elasticsearch 64 195 488 EBS のみ $7.555 /1 時間
ストレージの最適化 – 現行世代
i2.xlarge.elasticsearch 4 14 30.5 1 x 800 SSD $1.401 /1 時間
i2.2xlarge.elasticsearch 8 27 61 2 x 800 SSD $2.801 /1 時間

まとめ

ElasticserchをAWS上の様々なサービスともシームレスに連携することができるといったAWSならではの良い点があるので、Elasticsearchを利用したいという場合は、AWS上で簡単に利用が開始できるAmazon Elasticsearch Serviceを検討してみては。

今回はここまでになります。
最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

次回もお楽しみに。