Amazon SageMaker Studio が起動できなかった時の対処法

はじめに

Amazon SageMaker Studio が AWS re:Invent 2019 でプレビューリリースとなりました。
さあ、早速検証!と思いましたが、SageMaker Studio が開けないエラーが発生しました。
再起動を試そうにも、SageMaker Studio の削除方法がわからず…

実は、現時点(2019/12/18時点)では、コンソール上からSageMaker Studio の作成し直し等はできません。
そのため AWS CLI を利用して、SageMaker Studio を削除する必要があります。
domain の削除にもいくつか手順があったので、今回はその方法をご紹介いたします。

 

SageMaker Studio の削除方法

私の場合は以下の画面から動けなくなり、Restart Now を押しても、起動ができない状況でした。

 

2019-12-17_15h40_54.png

SageMaker Studio のドメインに関連するアプリケーションが存在するか確認し削除

関連するアプリケーションが存在することで、ドメインが削除できない場合があります。
以下のコードでアプリケーションの有無を確認します。

 

 

もし、関連するアプリケーションがあった場合は、以下のコードでアプリケーションを削除します。

 

SageMaker Studio のドメインに関連するユーザープロファイルが存在するか確認し削除

関連するユーザープロファイルが存在すると、ドメインが削除できません。
以下のコードで ユーザープロファイルの有無を確認します。
※ユーザープロファイルは、コンソールからも確認できます。

 

image.png

 

関連するユーザープロファイルがある場合には、以下のコマンドで削除します。

 

SageMaker Studioの削除

これでようやく、Sagemaker Studio 削除ができます。
以下のコマンドを実行し、SageMaker Studio を削除します。

 

最後に

これで、SageMaker Studio を削除することができました。
SageMaker Studio をまた利用したい場合は新たに SageMaker Studio を立ち上げてください。

 

SageMakerの導入ならナレコムにおまかせください。

日本のAPNコンサルティングパートナーとしては国内初である、Machine Learning コンピテンシー認定のナレコムが導入から活用方法までサポートします。お気軽にご相談ください。

ソリューションページはこちら