AWS Elastic Beanstalk編~Dockerを試してみる①~

Pocket

こんにちは! JQです。

前回は『OSS編~Dockerを試してみる④~』と題して、AnsibleからDockerを操作して試してみました。
今回は『AWS Elastic Beanstalk編~Dockerを試してみる①~』と題して、AWS Elastic BeanstalkがDockerに対応してので、試してみたいと思います。

AWS Elastic Beanstalkの設定

1. Applicationの設定
先ずはAWS Elastic BeanstalkのApplicationを作成します。

「Application Name」を決めます。

Create a New Application

「Environment Type」を設定していきます。
今回はDocker を選択してSingle Instanceで試してみます。

Environment Type

次にSourceを設定します。
先ずはSample Applicationで作成します。

Application Version

「Environment Information」を設定していきます。

Environment Information

「Additional Resources」を設定します。

Additional Resources

「Configuration Details」を設定していきます。

Configuration Details

「Environment Tags」を設定していきます。

Environment Tags

最後に「Review」を確認して問題なければ作成します。

Review

2.確認
「Health」が「Green」になれば完了です。

Health is Launching
Health is Green

付与されるElastic Beanstalkのアドレスにアクセスしてみます。

URLアクセス

いかがでしたでしょうか?
次回は『AWS Elastic Beanstalk編~Dockerを試してみる②~』と題して、AWS Elastic BeanstalkでDockerのデプロイを試してみたいと思います。
お楽しみに!!!