OSS編~Fluentdでexec_filterを試してみる~

こんにちは! JQです。

前回は『OSS編~FluentdでForwardのStandbyを試してみる~』と題して、FluentdでフォワードのStandbyを試してみました。
今回は『OSS編~Fluentdでexec_filterを試してみる~』と題して、Fluentdでexec_filterを試してみたいと思います。

exec_filter

1.外部プログラム
exec_filterで利用する外部フィルターを準備します。
今回は単純に時間を追加したいと思います。

2.Fluentd設定
続いてFluentdを設定します。
fileで出力する前にexce_filterの処理を入れます。

3.確認
それでは確認してみましょう。
WEBにアクセスして下記の様に”FlunetdTime”が追加されていれば成功です!

いかがでしたでしょうか?
次回『OSS編~Fluentdでrewrite_tag_filterを試してみる~』と題して、Fluentdでrewrite_tag_filterを試してみたいと思います。
お楽しみに!!!