OSS編~Fluentdでrewrite_tag_filterを試してみる~

Pocket

こんにちは! JQです。

前回は『OSS編~Fluentdでexec_filterを試してみる~』と題して、Fluentdでexec_filterを試してみました。
今回は『OSS編~Fluentdでrewrite_tag_filterを試してみる~』と題して、Fluentdでrewrite_tag_filterを試してみたいと思います。

rewrite_tag_filter

1. Fluetnd設定
今回はrewrite_tag_filterを利用してステータスコードをタグに設定して分けてみます。

2. 再起動
再起動をして設定を反映させます。

3. 確認
それでは確認してみましょう。
実際に200のステータスが出るページと404等が出るページにアクセスしてみます。
正しければ下記のようにログが別れた状態で出力されます。

中身も正しいか見てみます。

こちらも確認してみます。
codeが200以外がまとめられてます。

いかがでしたでしょうか?
次回もお楽しみに!!!