【動画】ファイル転送編~Tsunami UDPのリージョン間転送速度

Pocket

こんにちは!beardです!

前回の記事『【動画】ファイル転送編~Tsunami UDP のインストール~』ではTsunamiUDPのインストールの方法をご紹介しました。

今回は、東京リージョンとオレゴンリージョンの間で通信し、どれぐらいの速度で転送できるのかを検証します。
EBSとネットワーク帯域がボトルネックにならないようにm3.xlargeのインスタンスでSSDのEBSを使用します。

【動画の内容】

1. 東京リージョンでサーバーとなるEC2インスタンスを用意する。。
2. オレゴンリージョンでクライアント側のEC2インスタンスを用意する。
3. TsunamiUDPで1GBのファイルを転送して速度を見る。
4. 比較のためHTTPで同じファイルを転送して速度を見る。

tsunamiUDPのサーバー側のコマンド

tsunamiUDPのクライアント側のコマンド

結果としては以下のようになりました。

m3.xlarge(Tokyo)→m3.xlarge(oregon)で1GBのファイルを転送したとき
TsunamiUDP で572.58Mbps
HTTP で82.4Mbps

いかがでしたか?
TsunamiUDPがいかに高速かお分かりいただけると思います。
EC2に大容量のデータを転送したいときには有用なツールです。

次回もお楽しみに!!