OSS編~Fluentdで負荷分散を試してみる~

こんにちは! JQです。

前回は『OSS編~Fluentdでrewrite_tag_filterを試してみる~』と題して、Fluentdでrewrite_tag_filterを試してみました。
今回は『OSS編~Fluentdで負荷分散を試してみる~』と題して、Fluentdで負荷分散を試してみたいと思います。

負荷分散

1. フォワード先のFluetnd設定
先ずはフォワード先の設定を行います。
フォワードを受け付けてローカルにファイルを出力する設定になります。

設定を反映させます。

今回は負荷分散させる為、フォワード先のサーバをもう一台同じ設定で準備しておきます。

2.フォワード元のFluentd設定
続いてフォワード元の設定を行います。

設定を反映させます。

ログに下記のように出力されれば成功しています。

3.確認
それでは確認してみましょう。
フォワード元のWEBにアクセスしてログを出力します。
それぞれのフォワード先に以下のようにファイルが生成されていれば成功です。

いかがでしたでしょうか?
次回は『OSS編~Fluentdでout_mongoプラグインを試してみる~』と題して、Fluentdでout_mongoプラグインを試してみたいと思います。
お楽しみに!!!