Billingで個別のEC2毎の転送料を見たい場合の方法

こんにちは、中の人です。

今回はチームやプロジェクトごとに細かい料金を把握するために、Billingで各インスタンスやtag別での詳細な転送料などを見たい場合の設定方法を紹介します。

1. Management Consoleにログインして、Billing & Cost Managementに遷移し「Preferences」を表示します。
Preferences

2. Receive Billing Reportsにレポートの出力先S3バケットを入力します。
Preferences

3. バケット名を入力するとサンプルポリシーのリンクが表示されるので、クリックます。
Sample Policy

4. 表示されたポリシーをコピーします。
Sample Policy

5. 2で入力したバケットのポリシー設定画面に遷移します。
「Edit bucket policy」をクリックします。
Edit bucket policy

6. 4でコピーしたポリシーをペーストし「Save」します。
Save bucket policy

7. 6が完了後に「Verify」をクリックすると、対象レポート一覧が表示されるので希望するレポートにチェックして「Save Preferences」をクリックします。
Save Preferences

以上で設定が完了しました。
後は1日に数回料金データが更新されるので、表示されるまで待ちましょう。

いかがでしたでしょうか?
このように行うことで、ここのインスタンスやtag毎の詳細な利用料を受け取ることが出来ます。

次回もお楽しみに!!