Amazon KinesisからデータGet方法まとめ

こんにちは、中の人です。

前回の『Amazon KinesisからデータPut方法まとめ』でご紹介させていただいたように、KinesisにデータをPutする時にはthread処理などを追加してパフォーマンスを上げる必要があります。

今回はGetについての注意点を紹介させていただきます。

Kinesisは、Putが1000req/secに対してGetは5req/secとなっております。
ただし、Putと異なり一回で複数のデータを取得することが出来ます。特に指定しない場合は1回で2MBのデータを取得します。

取得方法は以下の4つです。

◯LATEST

最新データを取得できます。

◯TRIM_HORIZON

一番古いレコードから取得できます。

◯AT_SEQUENCE_NUMBER

指定したシーケンス番号から取得できます。
取得開始するシーケンス番号を指定する必要があります。

◯AFTER_SEQUENCE_NUMBER

指定したシーケンス番号の次から取得(前回の最後が取れればこれでOK)

このように必要なデータに合わせて取得する方法を変えることが出来ます。

次回もお楽しみに!!