Route53編~Private DNS~

Pocket

こんにちは! JQです。

今回は『Route53編~Private DNS~』と題して、Route53のPrivate DNSを試してみたいと思います。

Route 53 Private DNSとは

Route 53を内部のリソースに対して、内部用のDNS名をつけて管理するために使うことができます

Private Hosted Zoneの作成

1. Private Hosted Zoneの作成
先ずはRotue53でPrivate Hosted Zoneを作成します。
以下の項目を入力して作成します。

Domain Name:内部ドメイン
Type:Private Hosted Zoneを選択
VPC ID:適用するVPCを選択

Private Hosted Zone

作成されました。

Private Hosted Zone

2.VPCの設定
EC2で今回追加したInternal Zoneを自動的に検索対象にするためにVPCのDHCP設定を変更します。

先ずは今回のInternal Zoneを追加したDHCP optionを作成します。

DHCP options set

次に作成したDHCP optionをVPCに設定します。

VPCに設定

また、Private DNSを利用するには以下2つの項目が「yes」になっている必要があります。

・enableDnsHostnames
・enableDnsSupport

VPC Summary

3.レコードの設定
それではレコードを設定してみます。
VPC内のEC2にレコードを設定します。

Create Record set

4.確認
EC2で確認してみます。
先ずはresolvでtest.localが含まれているか確認します。

次にnslookupコマンドで設定したレコードを試してみます。

取得出来ました!

いかがでしたでしょうか?
次回もお楽しみに!!!