5分でわかる Route53

こんにちは、たいしゅうです。

今回はAWSの中でも唯一無二のSLA100%のDNS「Route53」について紹介します。

【そもそもDNSって?】

DNSとは、ドメインネームサーバの略で、ドメイン名をIPアドレスに変換するインターネット上の「電話帳」

【Route53って?】

DNSが何かがわかったところで、今度はRoute 53そのものの説明をします。

名前の由来についてですがまずこちらを見て下さい!
Route53のマークがこちらです

R53

どこかで見たことある形ですよね・・・
そう!これです!

国道53号

もうわかりますね
そうです!名前の由来は、国道53号線が関係・・・

してません

DNSサーバがポート(ルーティング)53番を使うことから由来しているそうです。

【Route 53の主な特徴】

Route 53の主な特徴は以下になります。

■信頼性
・ 冗長化されたロケーション
・ SLA100%

■コスト
非常に安価(約500円程度/月)
使った分だけの課金

■AWSサービスとの統合
・ エイリアスレコード
・ IAM
・ DNSフェイルオーバー

■柔軟性
・ 重み付けラウンドロビン

などの特徴があります。

たくさんある特徴ですが、今回はSLA100%について掘り下げていきます。

【なぜSLA100%?】

このRoute53にIPを登録する際に4つのIPアドレスが別々のサーバに登録される仕組みになっています。
さらに、一つ一つのサーバの中でもアマゾン側で冗長化されているので、たとえ一台のサーバが不調になってしまったとしても、4つ一気に不調になるということがありえないため、SLA100%が担保されているそうです。

いかがだったでしょうか。
Route 53というサービスについて、少しでも理解をしていただけたでしょうか。

ちなみに、このRoute 53だけを使うためにAWSを使っている人もいるという話を聞いたことが有ります。
それだけ、このRoute53はスゴイ影響力を持っているんですね。

最後まで、ご覧いただきましてありがとうございました
それではまた、次回