OSS編~オーケストレーションツール Consul 05 Multiple Datacenters編~

Pocket

前回は『OSS編~オーケストレーションツール Consul 04 KEY/VALUE DATA編~』と題して、オーケストレーションのConsulでKEY/VALUE DATA機能を試してみました。

今回は『OSS編~オーケストレーションツール Consul 05 Multiple Datacenters編~』と題して、オーケストレーションのConsulでMultiple Datacentersを試してみたいと思います。

Multiple Datacentersとは

ConsulではMultiple Datacentersに対応しています。
上記により複数のデータセンタをまたがってサーバを管理する事が出来ます。
※今回はVPNで繋がった環境で試しています。

1.consulの準備
データセンタ毎にconsulを準備します。
データセンタ01は 「dc1」という名前で起動します。

データセンタ02は 「dc2」という名前で起動します。

それぞれwanノードを確認してみます。
まだ、自分だけのリストなのが分かります。

HTTP APIでも確認してみます。

2.join
それではjoinを実施してみます。
データセンタ02から01にjoinします。

データセンタ01で確認してみます。

データセンタ02でも確認してみます。

HTTP APIでも確認してみます。

いかがでしたでしょうか?
次回もお楽しみに!!!