Amazon API Gateway編~基本操作~


こんにちは!Narimasaです!

今回は新サービスのAmazon API Gateway操作してみます。

Amazon API Gateway

先日、AWSの新たなサービスとして「Amazon API Gateway」が発表されました。
これはAWS LambdaやEC2、AWS外で実行されるバックエンドREST APIの構築・実行・管理を行うサービスです。

[AWS発表]Amazon API Gateway – スケーラブルなアプリケーションバックエンドの構築と実行
http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/07/amazon-api-gateway-build-and-run-scalable-application-backends.html

事前準備

今回はLambdaのサンプルとしてHelloworldを出力するFunctionを用意します。
Lambdaの操作手順は下記弊社記事を御覧下さい。

Lambda編~初めてのLambda~

設定手順

Amazon API Gatewayは現在US East(N.Virginia)とUS West(Oregon)、EU(Ireland)で利用出来ます。
「Get Started」をクリックします。

API Gateway-01

APIの設定を行います。
API名と説明文を記載したら、Create APIをクリックします。

API Gateway-02

この画面がAPI Gatewayのメイン画面となります。
まずは「Create Resource」をクリックします。

API Gateway-03

この画面でResourceの設定を行います。
リソース名を記載し、自動反映されるパスに問題なければ「Create Resource」をクリックします。

API Gateway-04

続いて、作成したリソースにメソッドを設定します。
「Create Method」をクリックします。

API Gateway-05

クリックすると画面左のResourcesに設定欄が追加されます。
今回はGETを選択し、チェックを入れます。

その他、下記が選べます。
DELETE,HEAD,OPTIONS,PATCH,POST,PUT

API Gateway-06

画面右でセットアップを行います。
今回は「Integration type」で「Lambda Function」を選択し、事前準備で用意したサンプルのリージョンとFunctionを指定しましたら「Save」をクリックします。

API Gateway-07

指定した「Lambda Function」に対し、API Gatewayからのアクセス権限を許可するかどうかの確認画面が表示されるので「Ok」をクリックします。

API Gateway-08

Methodの設定が終わると、動作の一連の流れを「Method Execution」という形で確認することが出来ます。
また、動作のテストを行うことができます。「TEST」アイコンをクリックします。

API Gateway-09

API Gateway-10

テストの実行結果が表示されます。

API Gateway-11

APIの登録

テストの実行結果に問題なければ、APIを登録します。
「Deploy AMI」アイコンをクリックします。

API Gateway-12

APIのステージ種別や説明文を登録します。
記入が終わったら「Deploy」をクリックします。

API Gateway-13

この画面はデプロイしたAPIの管理を行います。
「Settings」タブでは、キャッシュやCloudWatchの設定を行うことができます。

CloudWatchでは「Custom Metrics」としてCountとLatencyを確認できます。

API Gateway-14

また、「Invoke URL」を他者にアクセスさせることでAPIを実行させることもできます。

API Gateway-15

Invoke URL/リソース名でAPIが実行されます。

API Gateway-16

その他、「SDK Generation」タブからAndroidやiOS,Javascript用にSDKを作成することや、「Deployment History」タブからAPIのバージョン管理も可能です。

いかがでしたでしょうか。

今回は基本的なサンプルAPIを利用しましたが、次回はより実用的な使い方を今後紹介していきます。
お楽しみに!!