AWS Lambda編~Kinesisと連携してみる~

前回は『AWS Lambda編~DynamoDBと連携してみる~』と題して、AWS LambdaでDynamoDBとの連携を試してみました。

今回は『AWS Lambda編~Kinesisと連携してみる~』と題して、AWS LambdaでKinesisとの連携を試してみたいと思います。

Kinesisとの連携

AWS LambdaではEvent SourceとしてKinesisを利用することが出来ます。
上記の機能を使う事でKinesisをトリガーにAWS Lambdaで処理をする等が可能となります。

試してみる

それでは試してみましょう!
今回は用意されている以下のサンプルを試してみます。

kinesis-process-record

1.Kinesisの準備
先ずはKinesisを準備しておきます。

Kinesis

2.Lambdaの設定
サンプルから「kinesis-process-record」を選択します。

kinesis-process-record

Event Sourcesの設定で先ほど作成したKinesisを選択します。

Event Sources

LambdaがKinesisと連携する為のRoleを設定します。

Role

Create Role

作成したRoleを選択した状態でReviewに進みます。

Created
Review

問題なければ作成します。

Create function

「Test」でKinesisのSample Eventを試してみます。

Sample Event

成功すれば次のようなLogs が出力されます。

Success

3.Kinesisで試してみる
実際にKinesisにPutして試してみます。
Lambda FunctionのEvent SourceをEnabledにしておきます。

Enabled

AWS CLIを利用してKinesisにPutしてみます。

Cloudwatch Logsに出力されているか確認します。

Cloudwatch Logs

いかがでしたでしょうか?
次回もお楽しみに!!!