元オンプレエンジニアがAWSを使ってみた(RDS構築編)

こんにちは、大柳です。

元オンプレエンジニアが、AWSを使った感想、オンプレとの違いについて紹介していくシリーズ、2つめのテーマはAmazon RDS(Amazon Relational Database Service)です。
今回もRDSを使ってみた感想を紹介していきます。今回はRDS構築編です。

AWSサービスの選択

マネジメントコンソールにログインするとAWSで利用できるサービス一覧が表示されます。
RDSはデータベースのカテゴリにありますので今回はこれを選択します。
データベースカテゴリには他に、NoSQLデータベースサービスであるDynamoDBや、ペタバイト規模のデータウェアハウスサービスのRedshiftもあり、AWSの提供するサービスだけで、多様なDB要件に対応することができます。

ナレコムAWSレシピ DynamoDB紹介記事一覧
ナレコムAWSレシピ Redshift紹介記事一覧

RDSダッシュボード

ダッシュボード画面が表示されるので、「DBインスタンスの起動」をクリックします。

エンジンの選択

利用したいRDBMSとエディションを選択します。前回記事でもお伝えしたように、商用、OSSのメジャーなRDBMSが選べます。
今回は「Oracle EE」(Oracle Enterprise Edition)を選択します。

本番稼働/開発環境の選択

今回は検証用に使いたいだけなので、「開発/テスト」を選択します。

DB詳細の指定

この画面では以下のようなDB構築のために以下のような項目を設定できます。

DBエンジンのバージョン…Oracleなら11g、12c、さらにマイナーバージョンのどれを使いたいか。
マルチAZ配置…高可用性構成を利用するか。
ストレージタイプ、割り当て…利用するディスクのタイプ(汎用SSD、高IOPS SSD、HDD)とサイズ。
DBマスタユーザの名前・パスワード…管理用のユーザの名前とパスワードを指定します。Oracle on RDSの場合、sysユーザはログインも利用もできませんので、注意が必要です。


設定を入力したら、「次のステップ」を選択します。

[詳細設定]の設定

この画面でも引き続き以下のような項目を設定できます。

パラメーターグループ…RDBMSの各種パラメーターはRDSではDBパラメーターグループと呼ばれる単位でまとめられています。Oracleであれば初期化パラメーターの設定は、このグループとして管理されます。
詳細は次回記事で取り上げます。

オプショングループ…RDBMSの各種オプションはRDSではオプショングループと呼ばれる単位でまとめられています。Oracleであれば、OEM、TDEの利用有無などを指定できます。こちらも詳細は次回記事で取り上げます。


なお、ここではデフォルトのパラメーターグループ、オプショングループを指定しましたが、別のグループに付け替えるためには、DBの再起動が必要になります。
DBの詳細設定の画面ではほぼクリックだけで、様々な要件に対応することができます。
viを使ったスクリプトの編集は必要ありません!
設定を入力して、「DBインスタンスの作成」を選択すると、DBインスタンスの作成、起動が始まります。

「DBインスタンスの表示」を選択するとインスタンス一覧画面に遷移します。

RDSインスタンス起動の確認

今回の構成の場合は作成、起動に約10分かかりました。
以下の画面のように、ステータスが「利用可能」となれば起動完了です。

最後にアラートログを確認して、データベースが起動されたことを、確認しましょう。
RDSはマネージドサービスの制約で、OSファイルには直接アクセスできません。アラートログもマネジメントコンソールから確認する方式です。

DBインスタンスを選択し、「ログ」を選択すると、ログ一覧が表示されます。
ここからアラートログやトレースファイル、auditログなどが参照できます。
フィルタに「alert」と入力してアラートログを見てみましょう。

以下のように、アラートログの内容をブラウザ上でも確認できます。tail -fやgrepが使えないのは少し物足りませんが、ログ一覧の画面からログのダウンロードも可能で、使い慣れたエディタでログの分析もすることも可能です。

参考に、データベースの起動時の初期化パラメーターの情報(デフォルト値以外)やデータベースオープンのメッセージを載せておきます。
「Completed: alter database open」でデータベースがオープンされて利用可能となったことがわかります。
アラートログを見る限りは、オンプレと違いはなさそうです。

まとめ

RDBMS自体や、DBエンジンに関わる設定があるため、EC2より設定項目も多く、時間もかかりましたが、設定10分、起動10分という短時間でRDBMSを構築できました。
この作業でサーバ構築、DBの初期設定は完了しており、オンプレに比べれば格段に手間も時間も少なくて済みました。
しかしながら、例えばsysユーザが利用できないなど、オンプレに比べた制約もあります。

引き続き、次回も元オンプレエンジニアシリーズ RDS編として、RDSのDBパラメーターグループやオプショングループでの設定内容や制約ついて取り上げます。

お楽しみに!