Amazon Lightsail 数クリックでWordPress環境を立ち上げてみた~構築編~

こんにちは!Tamaです!

今回は2016年12月1日にリリースされた月額固定料金のVPS(virtual private server)サービス「Amazon Lightsail」を使ってみたいと思います。
Lightsailは数クリックでアプリケーションや開発環境を構築することができブラウザ上のターミナルでそのままSSH接続が可能なサービスです。

環境の構築

早速立ち上げを行います。

AWSサービス一覧の「コンピューティング」のカテゴリに含まれています。
Linghtsailをクリックすると別ウィンドウで開かれます。

こちらがAmazon Linghtsailのトップページになります。
ロボットなどが描かれていてかわいいですね!
「Create Instance」をクリックします。


RedmineやGitLabなど様々なアプリケーションが選択できます。

今回はWordPressの環境を作成します。
まずAppsでWordPressとプランを選択します。
テストなので月額$5のプランを選択しました。

AZを選ぶこともできますが現在リージョンはバージニアのみになります。

最後にインスタンスの名前を付け「Create」をクリックします。

これだけでインスタンスが立ち上がりWordPressと必要なミドルウェアのインストール、DBの設定まで完了します!
Runningになると利用可能なように見えますがEC2と同じく内部処理の関係上数分待たないとSSH接続などは利用できません。


数クリックだけで簡単にLightsailでのインスタンスの立ち上げは完了です。
アプリケーションとプランを選ぶだけでインストールまで行え、利用可能になるため開発に集中できそうですね。

今回は以上になります!
お疲れさまでした!

次回は立ち上げたインスタンスへの接続とLightsailで行える操作を見ていきたいと思います。

またお会いしましょう!