AWS Lake Formationについて調べてみた

渡邊です。 この記事は株式会社ナレッジコミュニケーションが運営する Amazon AI by ナレコム Advent Calendar 2018 の13日目になります。 はじめに AWS re:Invent 2018で発表されました新サービス『AWS Lake Formation』について調べました。 2018年12月13日現在、プレビュー中であり、GA(一般公開)はまだ先となっております。... 続きを読む

AWS Glueを使ってみた 第2回

渡邊です。 前回(https://recipe.kc-cloud.jp/archives/11724)に引き続き、AWS Glueを動かすこと自体を目的とし、なるべく簡単な構成と処理内容で試してみようと思います。サンプルデータは、機械学習でよく用いられるアヤメのデータを使用しています。 構成 構築する構成を下図に再掲します。 S3バケットからデータをインプットし、同じS3バケットへアウトプッ... 続きを読む

AWS Glueを使ってみた 第1回

渡邊です。 データ分析や機械学習などにおいて、単一または複数のデータソースからデータを集約し、必要に応じて変換・加工した上で、データベースやデータウェアハウスなどに格納することがあります。これをETL(Extract, Transform and Load)処理と呼びます。 AWS GlueはこのETL処理を『分散処理』かつ『サーバレス』で提供するサービスです。 今回はこのAWS Glueを動... 続きを読む

Amazon SageMaker Random Cut Forestを動かしてみた

渡邊です。 Amazon SageMaker(以下、SageMaker)が東京リージョンで利用可能となりました。 弊社は以前からSageMakerに注目しており、今後、日本でも利用が広がることを期待しております。 今回は、SageMakerのビルトインアルゴリズム(※)の1つ、『Random Cut Forest』(以下、RCF)を実行してみたいと思います。 ※ビルトインアルゴリズムとは? ... 続きを読む

AWSでWebサイトをHTTPS化 その9:S3のみ編

渡邊です。 AWSでWebサイトをHTTPS化 全パターンを整理してみました の記事ではAWSを使ってWebサイトをHTTPS化するパターンを一通り紹介しました。 今回はそのパターンの1つ、『S3のみ』の構成を検証してみます。 構成 構成図は次の通りです。 S3上のオブジェクトには標準でHTTPSアクセスすることが可能です。 独自ドメインを使う場合はCloudFrontを前面に持ってくる... 続きを読む

AWSでWebサイトをHTTPS化 その5:CloudFront(+証明書)→S3編

渡邊です。 AWSでWebサイトをHTTPS化 全パターンを整理してみました の記事ではAWSを使ってWebサイトをHTTPS化するパターンを一通り紹介しました。 今回はそのパターンの1つ、『CloudFront(+証明書)→S3』の構成を検証してみます。 構成 構成図は次の通りです。 CDNであるCloudFrontを前面に持ってきてオリジンをS3とする構成です。 静的コンテンツを独... 続きを読む

AWSでWebサイトをHTTPS化 全パターンを整理してみました

渡邊です。 今回は、AWSを利用してWebサイトのHTTPS化を行う方法は数多くあります。この記事では思いつく限りの全パターンをあげてそれぞれの特徴について解説していきます。 2018年7月からChromeは非HTTPSサイトで「安全でない」警告を表示 Googleは2018年7月にリリース予定のChrome 68から、すべてのHTTPサイトに「Not Secure(セキュアでない)」と表示... 続きを読む

CLIでS3管理~バージョニング設定編~

こんにちは!Tamaです! S3にアップロードしたファイルを間違って上書き、削除してしまった!なんてことありませんか? バージョニング機能が有効なS3バケットではファイルを以前のバージョンに戻せるだけではなく、なんと誤って削除してしまったファイルを復元させることが可能です。 今回は「CLIでS3管理~バージョニング設定編~」と題して、AWS CLIを使ったS3バケットへのバージョニングの設定と... 続きを読む

AWS入門者がS3のウェビナーを受けてみた!

前職はトラック運転手をやっていたDreamです。 入社し3週間が経ち、ようやくオフィスワークにも慣れてきたかなと感じています。 今回の記事はタイトルの通りAWSのオンラインセミナーでS3について勉強した際のメモを まとめていきます! はじめに Amazon S3を簡単にまとめると インターネット用のストレージサービス。いつでもネットワークに接続できれば容量に関係なくデータを保存... 続きを読む

【AWS Lambdaの小ネタ】メモリ割当量を増やすとパフォーマンス、コストがどう変わるか検証してみた

大柳です。 前回記事に引き続き、2017年6月のAWS DevDaysでAWS西谷 圭介さんがセッション「全部教えます!サーバレスアプリのアンチパターンとチューニング」でこんな話をされていました。 ・メモリ割当量と比例してCPU能力が割り当てられる ・メモリを増やすことで、処理時間が減って、処理速度とコストも最適化できる可能性がある LambdaのCPU処理性能はメモリ... 続きを読む
1 / 612345...最後 »