Amazon EC2編~EC2インスタンスをスケールアップしてみよう!~

Pocket

こんにちは!Rookieです。

前回までのレシピでは「Amazon ElastiCache編~ElastiCacheを使ってみよう!パート①~」と題して、Amazon ElastiCacheのキャッシュクラスタの作成方法について記述したかと思います。

今回のレシピでは「Amazon EC2編」ということでまずは、既に起動済みのEC2インスタンスをスケールアップする方法をお話します。

このスケールアップは、動作中のEC2インタンスにおいてCPUやメモリが足りない状況となった場合に行なう処理になります。
なお、ELBを利用したスケールアウトによって負荷分散をおこなうということもできますが、それについては今後のレシピでお話ししていきたいと思います。

では、実際にEC2インスタンスのスケールアップを行なっていきましょう!

1. AWS管理コンソールにログインしてサービスで「EC2」を選択、下記画面を開き左メニューの「Instances」をクリックします。

20130524_01_01

2. 対象のEC2インスタンスを右クリックして「Stop」を選択し、起動中のEC2インスタンスを一旦、停止します。

20130524_01_02

インスタンス一覧より、対象のEC2インスタンスが停止していることを確認します。

20130524_01_03

3. 対象EC2インスタンスを右クリックし、「Change Instance Type」を選択します。

20130524_01_04

4. 表示されたウィンドウで任意のインスタンスタイプを選択し、「Yes,Change」をクリックします。

20130524_01_05

後は停止中のEC2インスタンスを再び、startさせればスケールアップは完了です!

いかがでしたでしょうか?

スペック不足になった場合でも、このようにEC2インスタンスを1度、停止してインスタンスタイプを変更するだけで簡単にスケールアップをおこなうことができます。
是非、確認して試してみてください!

次回は一旦、「Amazon ElastiCache編」に戻りまして、「Amazon ElastiCache編~ElastiCacheを使ってみよう!パート②~」と題してお話していきたいと思いますので、お楽しみに!