ファイル転送編~Tsunami UDP Protocolパート②~

Pocket

こんにちは! JQです。

前回は『ファイル転送編~Tsunami UDP Protocolパート①~』ということで、Tsunami UDP Protocolのインストールまでをお話しました。 

今回は『ファイル転送編~Tsunami UDP Protocolパート②~』と題して、実際にファイル転送を行なってみたいと思います。

Localでファイル転送


それでは実際に転送してみましょう!

1. まずは転送用のテストデータとフォルダを事前に用意します。

2. 下記コマンドなどでテストファイルを作成します。

3. 次にTsunamiサーバを起動します。
先ほどのディレクトリ上でTsunamiを起動します。

4. 最後にクライアントで接続します。
別ウインドウで開いたSSHで転送をしてみます。

いかがでしたでしょうか?

次回は『ファイル転送編~Tsunami URP Protocolパート③~』ということで、リージョン間でのファイル転送を試してみたいと思います。
お楽しみに!