Amazon IAM編~MFA~

Pocket

こんにちは! JQです。

前回は『Fluentd編~ログ収集ツール~』ということで、Fluentdを紹介してみました。

今回は『Amazon IAM編~MFA~』と題して、IAMでMFAを利用してみたいと思います。

MFAとは


AWS Multi-Factor Authentication(MFA)とは、AWSにサインインする際にIDとパスワードの他にAWS MFA デバイスからの認証コードを入力させることでセキュリティを向上させるサービスになります。
仮想MFAデバイスと物理MFAデバイスがあり、AWSでは両方ともサポートされております。

今回は仮想MFAデバイスを利用してみたいと思います!

IAMユーザーの作成

IAMユーザーの作成

1. 先ずはIAMユーザーを作成します。

ユーザー作成01

ユーザー作成02

2. 次にCredentialsもダウンロードしておきます。
Credentialsのダウンロード
3. 作成したユーザーにパスワードを設定します。
パスワードを設定

自動生成

MFAの設定

4. 続いて作成したユーザーにMFAデバイスを設定します。

MFAデバイスを設定

仮想を選択

確認画面

5. QRコードを利用して登録します。
QRコード

6. この時Google認証システムをインストールしておきましょう。
Google認証システムでQRを読み込み、表示されるコードを2つ入力して進みます。
※端末側で切り替わって表示された物を2つ入力します。
QR起動

認証コード
この様に表示されれば設定は成功です。

成功画面

実行

7. それでは実際にログインしてみましょう!

8. IAM用のログイン画面に移動します。

9. IDとパスワードを入力して進みます。

IAM用ログイン画面

10. 最後に、MFAコードの入力画面で端末側に表示されるコードを入力します。

MFAコード入力画面

ログイン出来れば成功です!

成功画面
いかがでしたでしょうか?

次回は『Amazon S3編 ~Server Side Encryption~』ということで、S3でServer Side Encryptionを行なってみます。
お楽しみに!

——————————————————————————————————
ナレコムクラウドのFacebookに『いいね!』をクリックして頂くと
最新のお役立ちレシピが配信されます★


┏━━━━━━━━━━━━━┓

┃ナレコムクラウド Facebook┃
┗━━━━━━━━━━━━━┛
——————————————————————————————————