Amazon EC2~windows server 2012を日本語化してみる編~

Pocket

こんにちは!中の人です。

今回は次回から行う”Active Directory on AWS編”に先駆け『Amazon EC2~windows server 2012を日本語化してみる編~』と題して、Windows server 2012を日本語化するための設定方法について紹介します。

AWS上でwindows server 2012を立ち上げるとデフォルトで英語となっており、これを日本語化して使うための方法です。
大きく以下の2点を行うことで日本語化されます。
・ 日本語パックのインストール
・ ローカル設定を日本語(日本)に変更
概ね10-20分程度、1回の再起動と1回のログオフで行うことが出来ます。

1. Windows serverにログインします。
リモートデスクトップ接続

2. windowsボタン(田ボタン)をクリックすると、スタート画面が表示されますので、「control panel」をクリックします。

windows server2012 スタート画面

3. コントロールパネルの「Clock, Language, and Region」をクリックします。
windows server2012 control panel

4. 「Language」をクリックします。
windows server2012 control pane

5. 「Add a language」をクリックします。
windows server2012 control pane

6. 言語選択画面から”J”にある「日本語」を選択し、「Add」をクリックします。
windows server2012 control pane

7. “Change your language preferences”に日本語が追加されているので、日本語の「Options」をクリックします。
windows server2012 control pane

8. 「Download and install language pack」をクリックします。
windows server2012 control pane

9. 日本語パックのインストールが始まるので、以下の画面の様に完了するまで待ちます。(3-5分程度)
日本語パックのインストール

10. “Change your language preferences”の画面の左上「Advanced settings」をクリックします。
日本語を設定

11. “Override for Windows display language”に先ほどまではなかった「日本語(日本)」が追加されているので選択します。

日本語を選択

12. すると適用のためには”ログオフ”が必要と出るので、ログオフします。
日本語を適用

13. 再度ログインすると、左上のゴミ箱など日本語になっていることが確認できます
日本化完了

ここまでで日本語化の設定は終わりです。
おまけで、地域設定および時計設定について紹介します。

14. 再度、「コントロールパネル > 時計、言語、および地域 > 場所の変更」から「日本」を選択し、「OK」をクリックします。
場所を選択

15. 再度、「コントロールパネル」から、時計、言語、および地域にある「日付と時刻の設定」をクリックします。
日付と時刻の設定画面が表示されますので「タイムゾーンの変更(Z)」をクリックします。
タイムゾーンの変更

16. タイムゾーン選択画面より「(UTC+09:00 大阪、札幌、東京)」をクリックします。
タイムゾーンを選択

以上の手順で管理画面を日本語にする事ができます。

次回からは『Active Directory on AWS編』と題してAWS上でActive Directoryを使ったWindowsのネットワークの構築についてまとめをしたいと思います。お楽しみに!
ナレコムではAWSに興味がある、AWSを仕事にしたいクラウドエンジニアを絶賛募集中です!興味がある方はこちらからお問い合わせください。