EC2編~OpenSwan&xl2tpdパート②~


こんにちは! JQです。

前回は『EC2編~OpenSwan&xl2tpdパート①~』 ということで、EC2上でOpenSwan&xl2tpd を利用してL2TP/IPsecを構築してみました。

今回は『EC2編~OpenSwan&xl2tpdパート②~』と題して、Windowsの標準クライアントを利用して実際にVPN接続してみたいと思います。

それではやってみましょう!

クライアントの設定

4.接続のセットアップ
Windowsの標準クライアントのセットアップを行います。

コントロールパネルからネットワークと共有センターを開きます。

20131108_02_001

「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択します。

20131108_02_002

「職場に接続します」を選択します。

20131108_02_003

「いいえ、新しい接続を作成します」を選択します。

20131108_02_004

「インターネット接続(VPN)を使用します」を選択します。

20131108_02_005

接続先のアドレスを入力して「今は接続しない」にチェックを付けて進みます。

20131108_02_006

ユーザーやパスワードは入力せずに作成します。

20131108_02_007
作成が完了したら「今すぐ接続します」を選択せずに画面を閉じます。

20131108_02_008

ネットワークと共有センターの左メニュから「アダプターの設定の変更」を選択します。

20131108_02_009

作成した「VPN接続」で右クリックを押してプロパティを選択します。

20131108_02_010
セキュリティタブを選択して「VPNを種類」をL2TP/IPsecに設定します。
詳細設定をクリックして事前共有キーを入力します。

20131108_02_011

右クリックから接続を選択します。
ユーザー名パスワードを入力して接続を選択します。

20131108_02_012

次の様に接続済になれば成功です!

20131108_02_013

いかがでしたでしょうか?

——————————————————————————————————
ナレコムクラウドのFacebookに『いいね!』をクリックして頂くと
最新のお役立ちレシピが配信されます★


┏━━━━━━━━━━━━━┓

┃ナレコムクラウド Facebook┃
┗━━━━━━━━━━━━━┛
——————————————————————————————————