Amazon CloudFront編~EC2からコンテンツを配信してみよう~

Pocket

こんにちは!Narimasaです!
今回はCloudFrontを使ってEC2から動的コンテンツを配信していきます。

コンテンツの準備

まずはEC2にコンテンツをアップロードしていきます。

※EC2インスタンスの立ち上げからApacheインストールまではこちらの記事をご覧ください。
Amazon EC2編~Amazon EC2インスタンスを使ったWEBサーバの設定~

1.httpd/phpをインストールします。

Install php

2.次にコンテンツをアップロードします。
※今回はテストなので簡単なphpプログラムを利用します。

php text

3.実際にEC2にアップロードされてるかを見てみましょう。
「EC2のドメイン名」+「/test.php」にアクセスします。
knowledgeが表示されていればOKです。
EC2 php test

CloudFrontを立ち上げよう

続いてCloudFrontを起動していきます。

1.CloudFront Distributionを立ち上げます。
CloudFront Distribution

2.今回は「Web」を選択します。
Select a delivery method for your content

3.「Origin Domain Name」の項目をクリックすると、出力先一覧が表示されます。
EC2インスタンスをELBに紐づけている時は一覧から該当のインスタンスを選択、ELBを使ってない時は「No Origins Available」を選択し、EC2インスタンスの「Public DNS」を入力してください。
Origin Setings]

※Origin Domain Nameを入力した時に「Origin ID」が自動で入力されていない場合はEC2インスタンスの「Public DNS」を入力します。
Origin ID input

その他詳細設定の項目は、今回はデフォルトのままとします。

4.設定が完了しましたら、「Create Distribution」をクリックします。
Create Distribution

立ち上げた直後は「Status」がInProgressになっているのでDeployedになるまで待ちます。(数分かかります)
準備が完了しましたら、「Domain Name」+「/test.php」にアクセスします
 Distribution standby

CloudFrontのドメインからknowledgeが表示されていれば成功です!
CroudFront php test

いかがでしたでしょうか?
CloudFrontを通じてEC2からの動的コンテンツを配信させることができました。
今回はテストということで簡単なプログラムを配信しましたが、より詳細に設定を行うことで、キャッシュ時間の設定や動的・静的コンテンツ出力先の切り替えを行うことが可能です。

次回もお楽しみに!!!