EC2インスタンスのスペック一覧表【2017/12 更新】

Pocket

こんにちは、シュガーです。
今回はEC2のスペックをインスタンスタイプ別に表にしてまとめてみました。

汎用インスタンス

 t2インスタンス:EC2の中で最も低い価格で提供されているインスタンス。バースト機能を持つ。
 m3インスタンス: Xeon E5-2670 v2 (Ivy Bridge) プロセッサ搭載。インスタンスストアを持つ。
 m4インスタンス: Intel Xeon® E5-2686 v4 (Broadwell) プロセッサ , Intel Xeon® E5-2676 v3 (Haswell) プロセッサ搭載。この世代から全てのインスタンスタイプがEBSに最適化されている。
 m5インスタンス : Xeon® Platinum 8175 プロセッサ搭載。新しい仮想化基盤、「Nitro」を用いた環境で構築される。

<

コンピューティング最適化インスタンス

 c3インスタンス:c4の1つ前の世代。c4と異なり、インスタンスストアを持つ。
 c4インスタンス:Intel Xeon E5-2666 v3 (Haswell) プロセッサを搭載。
 c5インスタンス:AWS特注のIntel Xeon Platinum プロセッサを搭載。

img src=”https://recipe.kc-cloud.jp/wp-content/uploads/2018/01/コンピューティング最適化.png” alt=”” width=”1436″ height=”510″ class=”alignnone size-full wp-image-10824″ />

メモリ最適化インスタンス

 r3インスタンス:r4の1つ前の世代。r4と異なり、インスタンスストアを持つ。
 r4インスタンス:メモリを大量に消費し、レイテンシーの影響を受けやすいワークロードに適しているr3より1GiBあたりのメモリ料金が安価。
 x1インスタンス:エンタープライズクラスに適し、EC2インスタンスの中で、RAM1GiBあたりの料金が最も安価。
 x1eインスタンス : Xeon E7-8880 v3 (Haswell) プロセッサ搭載。最大3,904GBメモリとなり、現行インスタンスの中で一番高いメモリ容量になります。

最後に

いかかでしたでしょうか。各ファミリーが皆さんの中でわかりやすく整理されれば幸いです。
次回もお楽しみに。