AWS ML Universityについて調べてみました

Pocket

こんにちは、ハリーです。

この記事は株式会社ナレッジコミュニケーションが運営するAmazon AI by ナレコム Advent Calendar 2018
の4日目になります。

はじめに

11月26日にDr.Matt Wood氏より、Amazon.comのエンジニアが機械学習を習得するために利用しているコースをAWS内で無料開放し、誰でも見られるようにしたと発表がありました。原文の記事は下記のリンクから見て頂ければと思います。

リンク: Amazon’s own ‘Machine Learning University’ now available to all developers

世界最大のEコマースであるAmazon.com内で使用されている教育ツールをオープンに誰もが使えるようになったということは非常に革新的なことだと思っています。現状は英語での提供が中心となっていますが今後随時日本語化されていくことが予想されます。今回は現状どのようなコンテンツが提供されているかを見ていこうと思います。

Amazon Machine Learning Universityの概要

Amazon Machine Learning University では30種類以上で合計45時間以上ものデジタル機械学習コースが提供されています。提供形態としてはコースを好きに選ぶことも職種や用途にあった学習内容を提示してもらうことも可能です。

例えば、上の図の一番左にある Developer (開発者向け) を選択した場合は下図のようにオススメの学習の過程とコースや、その他のオススメの学習動画を提示してくれます。

他にも、機械学習を使ってなにをするかを主眼においてコースを選ぶこともできます。

各内容とコンテンツを簡単に紹介していきます。
■Machine Leaning for Business Challenges – 機械学習のビジネス活用
・機械学習の理論、ビジネスにおける問題、ユースケースなどを紹介
・機械学習をビジネスの場でどう活用し、実践するのかについて考察

■Math for Machine Leaning – 機械学習のための数学知識
・機械学習に必要な数学知識、主に統計学の知識を学ぶことができる
・講師はAWSの機械学習に携わっているBrent Werness氏

■The Elements of Data Science – データサイエンスの基礎
・データサイエンスにおける基礎知識を学ぶことができる
・エンジニアリング、モデルのチューニングとトレーニング、デバッグを行う

■Building a Dynamic Conversational Bot – 対話型Botの構築
・AWSの各種サービスを使用した対話型Botの構築方法
・ユーザニーズに対応する対話型Botの作り方

■Introduction to AWS DeepLens – AWS DeepLensの紹介
・AWS DeepLensの機能と使い方について学べる

一部は日本語字幕付きの動画もあり「言語」欄から「日本語」を選択すると日本語字幕付きの動画が表示され日本語のコンテンツを受講出来るようになります。なお2018年12月3日現在で日本語字幕付きで紹介されている機械学習動画は以下の2つになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Amazon Machine Learning Universityで提供されるコンテンツは無料で何度でも繰り返し見ることが出来るのでAWSの知識や機械学習の知識がある程度あれば十分知識が得られるものもあります。AWS上で利用するシステムに機械学習を導入する際は一度どんなものか見てみるのも良いと思います。

次回はコンテンツの内容を具体的にご紹介したいと思います。お楽しみに!