re:Invent 2019 で発表された Amazon AI 関連のアップデート情報をマッピング

この記事は株式会社ナレッジコミュニケーションが運営する Amazon AI by ナレコム Advent Calendar 2019 の5日目にあたる記事になります。

はじめに

毎年11月下旬~12月上旬に開催されるAWSのカンファレンス re:Invent の中で、年々AI系のサービスのアップデートの数が増えてきています。
この記事では re:Invent2019 の中でAI/ML系のサービスのみに着目してAWSの成長を見ていければと思います。

昨年のre:Inventの発表と表の見方

去年も同様の記事を作成しております。
マッピングは以下の方針で行っています。

  • 上方向 : ビジョナリーなサービス
    • DeepRacerなどが代表的だと考えています
  • 下方向 : すぐに実践投入が可能なもの
    • 最新インスタンスタイプなど、すぐ変更や代替ができるもの
  • 右方向 : マネージドですぐに利用ができるサービス
    • Forecast などAPIで利用可能なもの
  • 左方向 : インフラやハードウェアよりのもの
    • EC2インスタンスやDeepLensなどのデバイス寄りの製品

なおサービスがGAされていない、東京リージョンでは提供されていないといったことは考慮していません。

 

image.png

 

これを見る限り昨年はAPI系のサービスの拡充並びにハードウェア系の領域のアップデートが多かった印象ですね。中にはDeepRacerといった、かなり攻めたものもあった印象です。

 

re:Innvent2019 のAmazon AI関連の情報のマッピング

SageMakerをプラットフォームの中心にAIの運用/最適化がよりマネージドな形でされていっている印象を受けますね!
ほぼSageMakerのアップデート祭りというのが今年のre:Inventだったのではないでしょうか。

 

image.png

マネージドサービス

プラットフォーム

ハードウェア/インフラ

まとめ

AIループやフライホイールデータといった構想がAmazon SageMakerを起点に一気に進めていきそうですね。
ますますこれらのサービスをどう使ってなにを実現していくかが、これからの時代の肝になっていきそうです。
マッピングについてはあくまで個人の感覚知なのでざくっとどんな傾向かだけでも把握してもらえれば嬉しいです!