OSS編~Sensuを試してみる①~

Pocket

こんにちは! JQです。

前回は『OSS編~Jubatusを試してみる③~』と題して、複数台のインスタンス上でJubatusの分散処理を試してみました。
今回は『OSS編~Sensuを試してみる①~』と題して、Monitoring FrameworkのSensuを試してみたいと思います。

Sensuとは

SensuはOSSのMonitoring Frameworkです。
※今回の利用するVersionは0.12

公式ドキュメントはこちら

Sensuのインストール

1.Chef レシピの取得
Chefの準備をします。
※Chefのインストールに関しては以前の記事をご参照ください

公式でChefのレシピが用意されているので、GitでChefレシピを取得します。

関連パッケージをインストールします。

2.SSLの設定
SSL設定を行います。
発行したファイルをChefのdata_bagsフォルダにコピーします。

3.依存Cookbookの取得
必要な依存関係のCookbookを取得します。

デフォルトのポートやアカウント情報を変更したい場合は以下のファイルを編集します。

4.Chefの実行
ノードにChefをインストールします。

node管理ファイルを編集します。

実行してインストールしてみます。

5.ダッシュボード
ダッシュボードにアクセスして確認してみます。

ダッシュボード画面

表示されました!

いかがでしたでしょうか?
次回は『OSS編~Sensuを試してみる②~』と題して、Sensuで実際に監視の設定を試してみたいと思います。
お楽しみに!!!