Amazon WorkSpaces編~rebuildしてみた~

こんにちは、中の人です。

今回は新サービスAmazon WorkSpacesをRebuildする方法を紹介します。
何らか大きな障害や今あるユーザーの情報を削除して、他のユーザーに引き継ぐなどをする時に有効です。

1. Management Console > WorkSpaces
からrebuildするWorkSpaceを選択し、「Rebuild WorkSpace」をクリックします。
Rebuild WorkSpace

2. 確認画面が表示されるので、そのまま「Rebuild WorkSpace」をクリックします。
Rebuild WorkSpace

3. 一覧に戻ると”Status”が「Rebuilding WorkSpace」となります。
Rebuilding WorkSpace

4. 待つこと数十分、Statusが” Rebuilding WorkSpace”⇒”Pending”⇒”Running”となります。
Pending

Running

以上でRebuildが完了しました。

Rebuildで変わった点を確認してみましょう。

■ 言語設定等の環境情報
・言語設定はデフォルトの状態に戻ります。
言語設定

・通常のインストールしたソフトは削除されます。

・ 12時間毎のバックアップで保存されたデータは残ります。
cap10

・ portableアプリはそのまま利用することが出来ます。
日本語設定

Amazon WorkSpacesのRebuildでどこまで再構築されるのかがわかります。
保存したいデータや環境をDドライブに保存することで、Rebuild後もそのまま利用することが出来ます。

次回をお楽しみに!