Amazon WorkSpaces編~インターネット接続とregistration codeがわからない時の対処法~

こんにちは、中の人です。

前回は2回にわたってActive Directoryと連携させてWorkSpacesを起動する方法を紹介しました。
今回はWorkSpacesを起動した時にちょっとハマる2つのポイントに対する対処方法を紹介します。

(1) 起動したのにインターネットに出られない!!

◯対処方法は以下の3つ
1. WorkSpacesにGlobal IPをアサインする
2. NATインスタンスを立て、NAT経由にする
3. VPCの場合、ローカルのゲートウェイ経由にし、既存の社内のゲートウェイ経由にする。

1についてのみ簡単に解説です。以下の手順で対応出来ます。

0. EC2 > Elastic IPに移動
Allocate New AddressからVPC内に1つのGlobal IPアドレスを取得します。

1. EC2 > Network Interfacesに移動
「Created By Amazon WorkSpaces for AWS Account ID…」と説明文にありInstance IDが無いInterfaceがWorkSpacesのものとなります。
Network Interfaces

2. 右クリックから「Associate Address」を選択
Network Interfaces

3. Step0でアサインしたElastic IPを選択して「Associate Address」を選択
Network Interfaces

4. 一覧に戻るとPublic IPがアサインされていることが確認できます。
これでWorkSpacesから直にインターネットに出ることが出来ます。
Network Interfaces

(2) 間違えたメールアドレスで登録してしまった!

register codeを忘れた場合は、該当のWorkSpacesで右クリックし、「Invite User」をclickします。
Invite User

見慣れたメールの文章が画面上に表示されるので、register codeが取得できます。
register code

また、Edit Userから登録情報を変更することも出来ます。

(3) パスワードを忘れてしまった!

アプリケーション側から「Forget Password」をクリックし、Usernameとキャプチャの文字を入力してパスワードの再発行手続きをします。
なお、“Connect directory” を利用している場合はAD側でパスワードを変えることで新しいパスワードでログインできます。
Forget Password

(4) Usernameを忘れてしまった!
…なんてことは無く、Management Consoleを確認して下さい。

いかがでしたでしょうか?
次回をお楽しみに!