OSS編~Nagios for AWS Windows①~

こんにちは!Narimasaです!

今回から、「OSS編~Nagios for AWS Windows~」と題して、複数回に分けてNagiosでWindowsサーバを監視する手順を紹介していきます。

構成は以下の通りです。

①AWS上のLinuxサーバにNagiosをインストールします。
②AWS上のWindowsサーバ(監視対象)にエージェントをインストールします。
③NagiosにWindowsサーバを監視する為の設定を行い、監視してみます。

第1回目の今回はAWS上のLinuxサーバにNagiosをインストールしていきます。

Nagiosとは

Nagios

Nagiosはオープンソースのサーバ監視ツールです。
Nagiosには、システムの異常を検知してメールで報告する機能、Webインターフェースによるサーバステータスの一覧や、レポートの出力機能などがあります。
また、監視対象サーバに「エージェント」をインストールすることでサーバ内サービスの監視も可能です。

事前準備

今回、Linuxサーバ側では以下のポートを開放してください。
・SSH(22)
・HTTP(80)

Nagiosのインストール

今回はLinuxサーバにNagiosをインストールします。PuttyでEC2インスタンスに接続します。

Nagiosを利用するにあたって、必要なパッケージをインストールします。

Nagiosのユーザーアカウントとパスワードを設定します。

Nagiosのコマンドグループを作成し、実行ユーザーを加えます。

Nagiosをダウンロードするためのディレクトリを作成し、移動します。
※任意の場所で構いません。

公式サイトから「Nagios Core」と「Nagios Plugins」の最新バージョンを確認し、ダウンロードします。

ダウンロードしたら、解凍して中に移動します。

作成したグループの名前をNagiosに適用させ、環境設定スクリプトを起動します。

Nagiosのソースコードをコンパイルします。

外部コマンドディレクトリにバイナリ、initスクリプト、サンプル設定ファイルと設定された権限をインストールします。

これでひと通りのインストールは完了しました。

Nagiosの設定
ここから詳細な設定をしていきます。

アラートの通知先を設定します。

contacts
contacts

ApacheにNagiosのWeb構成ファイルをインストールします。

Nagiosの管理画面にログインするためのアカウントを作成します。ここでパスワードを設定してください。

Apacheを再起動します。

Nagios Pluginsのインストール

ここからはプラグインをインストールしていきます。

まずはプラグインを解凍します。

プラグインをインストールします。

自動起動設定にNagiosを追加します。

サンプルファイルにエラーが出ないか確認します。

エラーがでなければNagiosを起動させます。

「http://localhost/nagios/」にアクセスして、ユーザー名(nagiosadmin)とパスワードを入力します。
以下のようにアクセスできていれば成功です。
mainview

画面左の「Services」を開くと管理画面が見られます。
Services

以上でNagiosのセットアップは完了です。

今回はこちらの公式サイトを参考にしました。

いかがでしたでしょうか?

次回はNagiosから監視するWindowsサーバ側の設定をしていきます。
お楽しみに!!