Amazon Glacier編~SAGUを試してみる~

Pocket

こんにちは!Narimasaです!

今回は「Amazon Glacier編~SAGUを試してみる~」と題して、Glacier専用アップローダー「SAGU」を試してみます。

Glacierの利用方法はこちらを御覧ください
【動画】Amazon Glacier編~Glacierを使ってみよう!

SAGU(Simple Amazon Glacier Uploader )とは

logo

Javaで記述されたAmazon Glacier専用のアップローダーです。
Windows,Mac,Linuxの各プラットフォームに対応しており、利用料金は無料となっております。
2014年6月現在v0.746が公開されています。

以下のリンクからダウンロードページにアクセスできます。
http://simpleglacieruploader.brianmcmichael.com/

SAGUを使ったアップロード方法

SAGUはその名の通り、シンプルな画面操作が可能となっています。
mainwindow

Glacierにアップロードするための手順を番号で示しています。

①AWSアクセス情報入力
アクセスキーと秘密キーを入力します。

②Glacier Vaultsのあるリージョンを指定します。

ここまで入力すると③の「Select Existing:」から実際にあるボルトを選択することができます。

続いて、画面右側の「Uploads」に移ります。
「Select File」から選ぶか、「Drag and Drop Files」にアーカイブしたいファイルを移動させ、「Upload」をクリックすると数時間後にGlacierにアップロードされます。

SAGUを使ったダウンロード方法

画面中央の「Options」からアーカイブやインベントリのダウンロードも可能です。

・アーカイブのダウンロード
「View Log」からVaultにあるアーカイブのIDを確認し、「Download Archive」をクリックします。
Options

以下の画面が表示されるので、先ほど確認したアーカイブIDを入力します。
Archive

およそ4時間後にアーカイブがダウンロードされます。

・インベントリ(アーカイブ一覧)のダウンロード
「Request Inventory」をクリックします。
以下の画面が表示されたら、「Request Inventory」をクリックします。
Inventory

アーカイブ同様、およそ4時間後にインベントリをダウンロードできます。

いかがでしたでしょうか。
SAGUを使えば、低コストなストレージであるGlacierをコマンドラインの操作なしで使いこなすことができます。

次回もお楽しみに!!