シンクライアントとは-画像転送型3つの方式-

Pocket

こんにちは、たいしゅうです。

前回、『シンクライアントとは-2つ実装方式-』と題して、仮想デスクトップの実装方式であるシンクライアントの2つのタイプについてご紹介しました。
そこで今回は、そのうちの一つである画像転送型の3つの方式のメリット・デメリットについてご紹介します。

方式 特徴 メリット デメリット
サーバベース方式 一つのサーバを複数人でシェアする方式 アプリケーションなどを共通で利用ができる 複数ユーザーが同一のサーバを使うため、ユーザ同士の影響を受けやすい
ブレードPC方式 ブレードPCと呼ばれる物理サーバをユーザ毎に割り当てる方式 ユーザー同士で影響を受けない ユーザ同士にブレードPCを割り当てるためハードウェアコストが掛かる
VDI方式 物理サーバ上に仮想マシンを割り当てる方式 ブレードPC方式のように自分専用の環境を利用可能
ブレードPCほどコストが掛からない
仮想マシンを載せるための物理サーバが必要(初期投資がかる)

参考
ブレードPC

Amazon WorkSpacesはVDI方式に当たりますが、従来のVDI方式と違ってベースになる物理サーバを用意する必要がなく、更に、利用分の仮想マシンを自在に増やすことが出来ます。(アカウントを増やせる)
今までの、VDI方式のデメリットをカバーしているのが、Amazon Work Spacesというわけです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。
それでは、また次回!!