[reinvent2014] AWS Service Catalog  AWS環境のテンプレートをだれでも簡単に立ち上げられ、工数の軽減に!

こんにちは、たいしゅうです

今回は、AWSの最大の祭典【re:Invent2014】より最新のサービスがリリースされたので、そちらのサービスについての記事になります。

今回も沢山の新サービスがリリースされましたが、今回紹介するのはこちら!

AWS service Catalog ロゴ
AWS Service Catalog です。

こちらのサービスは近日詳細発表となっているので、今回はざっくりとした説明になります。

今まで、AWSにはAWSリソースをテンプレートとして保存できるCloudformationというサービスが有りましたが、今回のServiceCatalogは、どうやらこのCloudformationの強化版のようです。

管理者がAWSの構築をしたものをカタログのように、管理画面に起動できる環境一覧のようなものを作れてそれを利用者は、そこから起動したい環境を数クリックで立ち上げることが出来るというサービスのようです。

これが使えるようになれば、よく使う構成を保存しておけば、工数の削減になりそうですね。
SEの方々には喜ばしい限りですね!!

今回は、ここまでになります。
詳細が発表されましたら、また記事にしたいと思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。
それではまた次回。