AWS Service Catalog編~基本操作①~


こんにちは!Narimasaです!

今回と次回に分けてAWS Service Catalogの基本的な設定方法について紹介していきます。

AWS Service Catalog

2014年秋にラスベガスで開かれた「re:Invent」にて発表されたサービスで、CloudFormationのバージョンや利用権限等を管理できるエンタープライズ向けのサービスです。
先日、US East(Northern Virginia)とUS West(Oregon)リージョンにて利用可能になりました。

【AWS発表】AWS Service Catalogが利用可能に
http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/07/now-available-aws-service-catalog.html

Service Catalogでは、portfolio(ポートフォリオ:書類入れの意)という単位を利用します。
このportfolio内にCloudformationのテンプレートとIAMロールやIAMユーザー等を設定することで管理を行うことができます。

これまで、CloudFormationのテンプレートを社内で共有する際にはどのテンプレートが最新なのか、どれがステージングなのかという情報は当事者から直接訊くか、スタックやテンプレートに付けた名前で区別する必要がありましたが、このService Catalogで管理することでよりスムーズに共有することが可能になります。

では、早速操作していきます。

1. 事前準備

Service Catalogを使うにあたって、下記の情報が必要です。
・CloudFormationのテンプレート(今回はサンプルを使用)
・その他必要に応じてIAMユーザー、IAMロール等

2. Service Catalogの設定

Service Catalogはコンソール画面の中央「Administration & Security」のカテゴリから操作できます。

catalog-01

「Get started now」をクリックします。

catalog-02

2.1 Portfolioの作成

まずはportfolioの作成を行います。

Portfolio name:ポートフォリオの名前を入力します。
Description:ポートフォリオの説明文を入力します。
Owner:ポートフォリオの所有者(管理者)の名前を入力します。

catalog-03

2.2 Productの作成

続いて、CloudFormationテンプレートを管理するためのプロダクトを設定します。
「Upload new product」をクリックします。

catalog-04

まずはプロダクトの詳細を設定します。

Product name:プロダクトの名前を入力します。
Short description:プロダクトの簡単な説明文を入力します。
Description:プロダクトの詳細な説明を入力します。
Provided by:プロダクトの管理者・管理組織名を入力します。
Vender:管理者の他にこのプロダクトの提供に関わる組織・ユーザー名がある場合は入力します。

入力をしましたら「Next」をクリックします。

catalog-05

次の画面ではプロダクト管理者への連絡方法を設定します。
※任意入力となります。

Email contact:管理者のメールアドレスを入力します。
Support links:問い合わせ用フォーム等がある場合は、URLを入力します。
Support description:その他、説明事項があれば入力します。

入力をしましたら「Next」をクリックします。

catalog-06

この画面ではCloudFormationのテンプレートを設定します。

Select template:テンプレートファイルをアップロードするか、S3のテンプレートファイルを指定します。
今回は下記のサンプルテンプレートファイルを指定します。
https://s3-external-1.amazonaws.com/cloudformation-templates-us-east-1/LAMP_Single_Instance.template
Version title:バージョン管理用の記述欄です。
Description:テンプレートの説明分を入力します。

入力をしましたら「next」をクリックします。

catalog-07

確認画面が表示されますので、問題が無ければ「Confirm and upload」をクリックします。

catalog-08

2.3 Productの確認

ポートフォリオの画面に遷移したら、「Products」の項目を開くと作成したプロダクトが確認できます。

※なお、「Add product」「Remove product」というアイコンがありますが、元々ポートフォリオとプロダクトは独立したリソースとなっており、作成したプロダクトを別のポートフォリオに移動する際などに使用します。

catalog-09

作成したプロダクトをクリックすると、下記の画面が表示されます。
先ほど設定したプロダクトのバージョン情報や管理者情報を確認できます。

catalog-10

長くなってしまったので、次回に続きます。
次回はポートフォリオに対する制約設定やアクセス管理を行います。

お楽しみに!!