AWS CloudWatch編~CloudWatch Logs でバッチエクスポートを試してみる~


前回は『AWS Lambda編~AWS Lambdaでスケジュールイベントを試してみる~』と題して、AWS Lambda でスケジュールイベントを試してみました。

今回は『AWS CloudWatch編~CloudWatch Logsでバッチエクスポートを試してみる~』と題して、CloudWatch Logs でバッチエクスポートを試してみたいと思います。

CloudWatch Logs バッチエクスポート機能

CloudWatch LogsをS3にバッチエクスポートする機能が利用できるようになりました。
この機能によりCloudWatch Logsに集めたログを指定したS3へバッチエクスポートする事が出来ます。
エクスポートしたデータを分析したり、他の処理を加えたりなどが簡単に出来るようになりますね。

バッチエクスポートを試してみる

1.S3の設定
先ずはエクスポート先のS3を設定していきます。
該当のS3にCloudWatch Logsとの連携のアクセス権を設定します。
S3ページのPermissionsからAdd bucket policyを選択します。

01

以下のポリシーをバケット名やリージョンを環境にあわせて設定します。

2.CloudWatch Logsのバッチエクスポート
次にエクスポートしたいCloudWatch Logsを選択した状態でExport data to Amazon S3を選択します。
※ View all exports to Amazon S3では履歴を確認出来ます。

02

どのデータをエクスポートするかとS3を指定して実行します.

03

実行すると該当のS3に次のファイルが作成されます。
04

05

いかがでしたでしょうか?
次回は『AWS AutoScale編~AutoScaleでインスタンス保護を試してみる~』と題して、AutoScale でインスタンス保護を試してみたいと思います。
お楽しみに!!!