AWS Lambda編~VPCにあるElastiCacheへ接続を試してみる~


今回は『AWS Lambda編~VPCにあるElastiCacheへ接続を試してみる~』と題して、VPCにあるElastiCacheへ接続を試してみたいと思います。

AWS Lambda VPCサポート

AWS LambdaがVPC内リソースへのアクセスが出来るようになりました。
この機能によりセキュアにAWS Lambdaを利用する事が出来るようになり、
VPC内にあるRDSやElastiCacheなどとの連携が考えられますね!

試してみる

1. ElastiCacheの準備
VPC内にElastiCacheを立ち上げておきます。

01

2.Lambdaの作成
次にLambdaをElastiCacheに接続するためにデプロイパッケージで作成します。
今回はAWSのサンプルを利用します。

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/vpc-ec-deployment-pkg.html

続いて以下の依存ライブラリをpipでインストールします。

・pymemcache
・elasticache-auto-discovery

Lambda Functionを作成します。
その際にIAM Role をlambda_basic_vpc_executionで作成します。

02

先ほど作成したapp.zipをアップロードして設定します。
Handler はapp.handlerを設定します。

03

VPCで実行するように設定を行います。

04

3.確認してみる
invokeコマンドを手動で実行して確認してみます。
今回のサンプルでは実行された Lambda 関数は UUID を生成し、Lambda コードで指定された ElastiCache クラスターに、その UUID を書き込みます。次に、Lambda 関数はキャッシュから項目を取得します。

いかがでしたでしょうか?
次回もお楽しみに!!!