Amazon CloudWatch編~Windows Server2012でカスタムメトリクスを設定してみた~

Pocket

こんにちは!Tamaです!

今回はAWSでWindows Server2012を立ち上げると標準でインストールされているEC2ConfigServiceを使ったWindows Server2012のカスタムメトリクスの設定方法を紹介します。

EC2ConfigServiceとはカスタムメトリクスを始めとする定期的に行う作業や、管理者アカウントへのランダムパスワードの発行などの初期設定、ユーザーがログインするタイミングでの壁紙作成などを、設定ファイルを元に行うことができるEC2インスタンスにプリインストールされているアプリケーションです。
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/WindowsGuide/UsingConfig_WinAMI.html

EC2ConfigServiceSettingsで設定変更

今回行う作業は以下の通りです。
・EC2ConfigServiceSettingsで設定変更
・JSONファイルの編集
・EC2ConfigServiceの再起動

スタートメニューのアプリからEC2ConfigServiceSettingsを起動
「General」タブ「CloudWatch Logs」の「Enable CloudWatch Logs integration.」にチェックを付けます。
001property


次にC:\Program Files\Amazon\Ec2ConfigService\Settings\
にあるAWS.EC2.Windows.CloudWatch.jsonファイルの編集を行います。

デフォルトのPerformanceCounterを編集、コピーし以下の様に設定します。
(ディスクの空き、CPU使用率の場合)

idはユニークである必要があります。
CategoryName及びCounterNameが対象のデータです。
カウンター、カテゴリ名はパフォーマンスモニターで確認可能です!後ほど紹介します!

メトリクスで必要な項目の追記が完了したらCloudWatch, CloudWatchLogsに「cloudwatch-user」のクレデンシャル情報を追記します。

最後にCloudWatchへの出力設定を行います。
先ほどの設定したIDを下記のように追記します。

ここまで完了したらJSONファイルを上書き保存します。

JSONファイル書き換え後はEC2ConfigServiceを再起動する必要があります。
PowerShell

メトリクスの確認

コマンドを入力した後CloudWatchコンソールからカスタムメトリクスを確認します。

カスタムメトリクスから選択し
002custom

チェックボックスをクリックすると
003graph

ちゃんと取得できていることが分かります!

お疲れさまでした!
うまく行きましたでしょうか?

EC2ConfigServiceを用いることでソフトウェアのインストールなどが必要無く簡単にカスタムメトリクスの設定が可能です!

最後にCounterNameの探し方を紹介します。

※CounterNameの探し方※

スタートメニュー -> 管理ツール -> パフォーマンスモニターの「+」をクリックします。

004

例えばディスクの空き容量であればLogicalDiskカテゴリの%FreeSpaceカウンターです。

005

それぞれCategoryName、CounterNameに設定することで利用可能です!

またお会いしましょう!