AWS RedshiftのElastic resizeを試してみた

Redshift Elastic resize 従来のリサイズ方法 Classic resize ではクラスター自体の再作成行いノードの増減させる方法でしたが、 Elastic resizeではクラスターにノードを追加する処理となるためノードの変更にかかる時間を大幅に短縮できるようです。 2019/03/20現在、Elastic resizeはインスタンスタイプがdc1ファミリーでは利用できず... 続きを読む

AWS Redshift Query editor試してみた

AWS Redshift Query editor AWS RedshiftのQuery editorはコンソール上から作成済みのredshiftに対してクエリを直接実行できるサービスです。 JDBC/ODBCクライアントを利用せずともクエリを実行でき、その場で実行結果を確認、結果をファイルとして取得することが可能です。 また、クエリを保存しておく機能もあり、クエリの再利用が可能です。 20... 続きを読む

AWSデータベース紹介編~AWSの様々なDBサービス編④~

こんにちは!HEROです。 前回はAWSのDBサービスにはどんなものがあるが簡単にご紹介させてただきましたが、今回も各サービスの詳細についてご紹介していきます。 今回はRedshiftについてです。 ▼ 前回の記事はこちら AWSデータベース紹介編~AWSの様々なDBサービス編③~ ◯Redshiftって? 前回のおさらいです。 ・Amazon Redshift Red... 続きを読む

Amazon Kinesis/Redshift編~アクセスログをkinesisで加工してTableauで表示してみよう④ [全4回]~

こんにちは、中の人です。 Tableauは非常に強力なBIツールでエリア情報を地図にマッピングしてくれる機能などもあります。 IPアドレスのままではTableauに表示することが出来ないので、Amazon KinesisでIPアドレスを緯度経度に変換して、Redshiftに取り込んでTableauで表示させます。 今回は第4回としてRedshiftに保存したデータをtable... 続きを読む

Amazon Kinesis/Redshift編~アクセスログをkinesisで加工してTableauで表示してみよう③ [全4回]~

こんにちは、中の人です。 Tableauは非常に強力なBIツールでエリア情報を地図にマッピングしてくれる機能などもあります。 IPアドレスのままではTableauに表示することが出来ないので、Amazon KinesisでIPアドレスを緯度経度に変換して、Redshiftに取り込んでTableauで表示させます。 前回の『Amazon Kinesis/Redshift編~... 続きを読む

Amazon Kinesis/Redshift編~アクセスログをkinesisで加工してTableauで表示してみよう② [全4回]~

こんにちは、中の人です。 Tableauは非常に強力なBIツールでエリア情報を地図にマッピングしてくれる機能などもあります。 IPアドレスのままではTableauに表示することが出来ないので、Amazon KinesisでIPアドレスを緯度経度に変換して、Redshiftに取り込んでTableauで表示させます。 前回の『Amazon Kinesis/Redshift編~アク... 続きを読む

Amazon Kinesis/Redshift編~アクセスログをkinesisで加工してTableauで表示してみよう① [全4回]~

こんにちは、中の人です。 Tableauは非常に強力なBIツールでエリア情報を地図にマッピングしてくれる機能などもあります。 IPアドレスのままではTableauに表示することが出来ないので、Amazon KinesisでIPアドレスを緯度経度に変換して、Redshiftに取り込んでTableauで表示させます。 まず、Kinesisのセットアップですが以下を参考にStrea... 続きを読む

Amazon Redshiftのインスタンスについて

こんにちは!HALです。 今回は費用対効果が極めて高い、クラウド型DWH「Amazon Redshift」に関してご紹介致します。 中でも、インスタンスの種別が複数あるので、そのコストなどを比較したいと思います。 ■Dense Storage(DW1)ノードと Dense Compute(DW2)ノード Redshiftは、Dense Storage(DW1)ノードと Dense ... 続きを読む

AWS BigData編~ビッグデータもアマゾンで~

こんにちは、中の人です。 今回は巷で耳にする『ビッグデータもアマゾンで』となる理由について紹介します。 Q. なぜ、『ビッグデータもアマゾンで』となるのか? A. 従来の「ビッグデータ」とAWSで言われる「ビッグデータ」は同じ言葉だが、意味が違う お客様と話している時にビッグデータというキーワードが出た時に、『うちには大規模な投資をしてビッグデータを活用する必要がない』といった... 続きを読む

Amazon Redshift編~パフォーマンスチューニング まとめ編~

こんにちは!中の人です。 前回の『Amazon Redshift編~パフォーマンスチューニング sortkey編~』『Amazon Redshift編~パフォーマンスチューニング distkey編~』『Amazon Redshift編~パフォーマンスチューニング 圧縮編~』のレシピでは、Redshiftのパフォーマンスチューニングとしてsortkey/distkey/圧縮の設定方法と、設定による... 続きを読む
1 / 41234